労務リスクに備え、働き方改革を支援する。勤怠管理システムVG Cloud労務リスクに備え、働き方改革を支援する。勤怠管理システムVG Cloud

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

アクサ損害保険株式会社


在宅勤務とオフィス勤務のメリットを最大限に生かす「スマートワーキング」を推進。社内コミュニケーションの活性化を目的とした新人事プログラムを導入

2021.05.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい働き方にあわせ、本社をリノベーション

アクサ損害保険株式会社(東京・台東、以下「アクサダイレクト」)は、在宅勤務とオフィス勤務それぞれのメリットを最大限に生かす働き方「スマートワーキング」の一環として本社のリノベーションを行い、2021年4月26日から新しいオフィス環境で業務を開始した。
同社は「グッドコミュニケーション・グッドカンパニー」をコンセプトに、オフィスの在り方を「仲間とともに成果をあげる空間」と再定義し、部門の垣根を超えた交流やコラボレーションが生まれ、新たなサービスやイノベーションにつながる職場を目指している。

新オフィスは、グッドコミュニケーションやコラボレーションをコンセプトに、ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)に対応したデザインを採用【参照:TOP写真】。現代絵師の山下良平氏と社員がコンセプトづくりや制作に携わったシンボルアートをオフィスフロア内に設置した。

また、今回のリノベーションにあわせ、社内コミュニケーションの活性化を目的とした新人事プログラムを導入した。従来から採用しているジョブ型雇用制度を改定し、社内の各ポジションの役割及び等級体系を再定義。各ポジションにおいて求められる役割をより明確にすることで、社員一人ひとりがそれぞれに合った働き方を自発的に選択し、ワークライフバランスを実現させながら効率的に生産性を高めていくことがねらいだ。。
また、在宅勤務とオフィス勤務の活用する働き方を推進していく中で課題になりがちな、上司・部下間のコミュニケーションを強化するため、コーチングの手法を取り入れた1on1コミュニケーションの研修を全社で開始している。

画像:本社受付(アクサ損害保険株式会社)

本社受付

画像:会議室(アクサ損害保険株式会社)

会議室

以下、リリースより。

アクサダイレクト、本社をフルリノベーション  新しい働き方「スマートワーキング」により多様な働き方を推進

アクサダイレクトでは、昨年からコールセンターを含め全社的に在宅勤務を実践してきました。今後も多様な働き方を尊重し、ワークライフバランスを実現しながら社員の可能性を最大限に引き出していくため、資質、能力、経験、業務内容、業務プロセスに合わせて社員が働く場所を自発的に選択できる環境整備や人事制度の改定を進めています。

また、新オフィスのシンボルとして現代絵師 山下良平氏による、全長約11メートルのウォールアートをオフィスフロア内に設置しました。アクサダイレクトのあるべき姿を表現するオリジナルのアートを制作するため、社員が主体的に参加し、コンセプトづくり、デザインの決定、実際の施工まで携わり一緒に完成させました。

画像:完成したシンボルアート「KEEP MOVING」を前に(アクサ損害保険株式会社)

完成したシンボルアート「KEEP MOVING」を前に

【写真】右から ウォールアート デザイン 現代絵師 山下良平氏、アクサ損害保険株式会社(アクサダイレクト) 取締役デピュティCEO 上級執行役員CCFO 佐伯美奈子、同社 上級執行役員CTO 森田恭子、同社 上級執行役員CHRO 橋本 晃

新オフィスコンセプト、デザイン

アクサダイレクトの新しいオフィスは、社員個々の可能性を引き出すため、グッドコミュニケーションやコラボレーションをコンセプトに設計されました。新しい生活様式へのいち早い対応だけでなく、ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)に対応したデザインを取り入れ、業務内容や目的に合わせた様々なエリアを新設しています。オフィスフロアでは、飛沫防止パネルで仕切られたオープンデスクに加え、集中とリラックスモードの切り替えを可能にする複数のコーナーを設けています。カフェコラボレーションエリアには、自然なコミュニケーションが生まれるエリアを設置したほか、一人でじっくり思考にふけるためのリラックスエリアを備えました。

画像:カフェコラボレーションエリア(アクサ損害保険株式会社)

カフェコラボレーションエリア

社内イベントやレクリエーションなどに活用、拠点とリアルタイムにコミュニケーションをとれる大画面の「つながるモニター」を設置

画像:オフィス説明(アクサ損害保険株式会社)

オフィス説明 ※クリックすると拡大します。

人事制度の改定、プログラム

オフィスにおけるリノベーションだけではなく、スマートワーキングへの転換をサポートするため、人事制度についても一部改定を実施するとともに、新たな研修をスタートしました。当社では担当職務・ポジションをベースに等級と報酬を決定する「職務等級制度(ジョブ型雇用制度)」を従来から採用していましたが、2021年1月に制度を改定し、社内の各ポジションの役割及び等級体系を再定義しました。各ポジションにおいて求められる役割がより明確になり、社員一人ひとりがそれぞれに合った働き方を自発的に選択し、ワークライフバランスを実現させながら効率的に生産性を高めていくことを目的としています。また、在宅勤務とオフィス勤務の両方を活用した多様な働き方を推進していく中で、上司・部下間のコミュニケーションを密にして強い信頼関係を築くためにコーチングの手法を取り入れた1on1コミュニケーションのトレーニングを全社で展開しています。

シンボルアート“KEEP MOVING”

変化を恐れず前に進み続けるアクサダイレクトの姿を表現しています。コンセプトづくりに参加した社員の「変化」「多様性」「脱皮」といった言葉にインスピレーションを受け感覚的なエネルギーと躍動感を表現した本作品には、新オフィスに通う社員の気持ちをよりポジティブなものにできればという思いが込められています。

画像:KEEP MOVING(アクサ損害保険株式会社)

KEEP MOVING

山下氏とアクサダイレクト社員のコラボレーションによる制作の様子は、以下よりご覧いただけます。

動画URL: https://youtu.be/FJtpyCYBn2Y

現代絵師 山下良平氏

「躍動」を一貫したテーマに絵画作品を制作。代表作はサムライやアスリートシリーズ。自身のアートブランド「LIKE A ROLLING STONE」を立ち上げ作品の発表を行う。2015年、アートフェア「UNKNOWN ASIA」で「イープラス賞」を受賞。東京メトロ銀座線外苑前駅パブリックアートでも大きな注目を集める。そのほか、フィットネス誌表紙をはじめ、スポーツブランドなどスポーツやアスリートに特化したビジュアルを作成、横浜マラソン公式ビジュアルなどを手がける。 https://www.ryoheiyamashita.art/profile

アクサ損害保険について

アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は110万件を超えています。
URL: https://www.axa-direct.co.jp/

アクサグループについて

アクサは世界54ヶ国で15万3千人の従業員を擁し、1億500万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2020年度通期の売上は1,032億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは43億ユーロ、2020年12月31日時点における運用資産総額は10,320億ユーロにのぼります。アクサはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、アクサの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。
*上記のアクサグループ数値は2020年度のもの

【プレスリリース「アクサダイレクト、本社をフルリノベーション  新しい働き方『スマートワーキング』により多様な働き方を推進」より|2021年5月6日・アクサ損害保険株式会社】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■1日に何度も出退勤可能? 生産性向上と働きやすさを両立する働き方
タレントマネジメントシステム「カオナビ」を提供するカオナビと、勤怠管理を含む働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するチームスピリットは、HRテック企業として自社の働き方も柔軟に変化させ、リモートワーク下の生産性の向上や労働環境の改善に取り組んできた。今回は、2社が実践する新しい働き方について聞いた。
【おすすめポイント】
・「MY WORK STYLE」制度で裁量を与えながら生産性の向上
・勤務時間を細切れにできるスイッチワーク制度を実現
・「CloudWork1」制度で「3つの顔」の充実と就労意欲の向上
【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

カフェスペースが作り出すコミュニケーションでエンゲージメント向上

pr_smp_1small

営業・企画・製造など500名以上の従業員が働く凸版印刷株式会社・中部事業部(愛知県名古屋市)。コロナウイルスの感染拡大を受け、従業員の出社数を制限する働き方に移行した。そんな中、2020年9月から新たな福利厚生の取り組みとしてスターバックスのビバレッジを提供するプログラムを導入した。
>>詳細をチェックする【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

いま求められるオフィスのあり方。偶発的なコミュニケーションの仕掛

pr_smp_3small

従業員同士のコミュニケーションの不足や評価・管理の難しさ、オフィスとの役割分担など、経営者・人事サイドにとっての課題も多く見受けられる。そこで重要になるのが「オフィスの “あり方” 」だ。いまのオフィスに求められているのは「偶発的コミュニケーションを生む場」について、OKANの沢木恵太氏が解説する。
>>詳細をチェックする【沢木恵太 (株式会社OKAN / 代表取締役 CEO)】

新型コロナウイルス禍の影響で導入した人事制度(調査リリース)

pr_smp_2small

リクルートキャリアが2021年2月17日に発表した、「新型コロナウイルス禍における働く個人・企業の意識調査トピックス編」によると、テレワーク導入企業で新型コロナウイルス禍の影響を受けて新たに人事制度を策定した企業は52.1%。導入した制度を聞いたところ、最も多かったのが「在宅勤務手当などの支給」..
>>詳細をチェックする【株式会社リクルート】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました