@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社プロフィフティーン


企業間で社員の移籍を直接交渉できる人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」の事前登録開始

2021.02.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月上旬にサービス提供開始予定

プロフィフティーン(東京・渋谷、 以下「プロフィフティーン」)は、3月上旬からサービス提供を開始する企業間で社員の移籍を直接交渉できる人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」(エイチアールトレード)の事前登録を開始した。
同サービスは登録料・基本サービス利用料が無料で、移籍成立時のみ費用が発生する成果報酬型サービス。サービス提供に先立ち、2月1日から導入企業を募集している。

同社によれば、人材移籍のプラットフォームサービスは業界初だという。上昇志向のある社員のキャリアアップを移籍という形でサポートできるほか、登録された人材には在籍企業が作成したリファレンスチェック済みの経歴書がつく。
また、人材について在籍企業に直接質問ができるため採用時のミスマッチ軽減が期待できるうえ、移籍が成立すると在籍企業は移籍金を得ることができ、次の採用の原資にすることも可能だ。

人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」
https://www.hrtrade.jp

以下、リリースより。

サービス開発の背景・ビジョン

企業が採用した新卒社員の3年以内の離職率は30%を超えると言われています。(※1)離職の理由は様々ですが、上昇志向にある社員がさらなるキャリアアップを目指し、転職することを完全に避けるのは難しいのが実状です。
一方で、採用にかかるコストは年々上昇傾向にあり、人材の採用と教育にかかるコストは決して無視できるものではありません。人材の採用と離職は企業の経営課題の一つとなっています。

そういった背景の中で、HR TRADEは「企業間の人材の移籍」いう新しい選択肢を提案いたします。
リファレンスチェック機能を備えた経歴書と、在籍企業に直接人物の特徴や個性を質問することで転職ミスマッチを防ぐ事ができます。また、移籍が成立すると在籍企業は移籍金を得ることができるのが特徴です。
会社が社員のキャリアアップを一体となって支援することで、会社と社員双方にメリットをもたらすプラットフォームとしてHR TRADEを構想しました。
当社は、会社に隠れて転職活動を行うメリットよりも、会社も社員のキャリアを真剣に考え、オープンな転職活動でさらに可能性を広げることができる社会を目指します。

本サービスは登録料・基本サービス利用料は無料、移籍成立時のみ費用が発生する成果報酬型サービスです。
本日より導入企業を募集し、3月上旬よりサービス提供を開始する予定です。
「HR TRADE」は、サービス開始1年後までに700社の登録を目指しています。

※1出典:厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)より
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html

人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」について(URL https://www.hrtrade.jp

サービス概要

HR TRADEは企業間で人材の移籍を実現するプラットフォームです。

写真:人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」
画像「HR TRADEは企業間で人材の移籍を実現するプラットフォームです」(株式会社プロフィフティーン)

  1. 導入企業(A)は、掲載同意を得た自社社員の人材情報を匿名で掲載します。
  2. 人材を必要とする企業(B)は、採用したい人材を検索し、オファーをかけます。
  3. 企業AB間で、人材情報や業務内容、待遇などの情報交換、移籍条件の交渉を行います。
  4. 企業Bと人材本人との間で採用面談を実施。人材本人と移籍先企業Bとの合意に基づき採用が決定
  5. 移籍先の企業Bは、移籍交渉により決められた移籍金を支払います。

サービスの特徴

1. 社員にキャリアアップの新しい選択肢を提供

社員が希望するフィールドを準備できない、市場価値に合う報酬を用意しきれなくなった社員を「移籍」という新しい価値観でキャリアップを支援できます。思いがけない会社からオファーが届くこともあるので、社員の可能性を広げることにも繋がります。

2. リファレンスチェック済みの人材情報

掲載される人材情報は、在籍企業により内容が確認されており、長所や短所が入力された推薦状が添付されています。そのため、人材の能力や個性をより正しく判断でき、採用ミスマッチを防ぐことができます。

3. 人材の採用は企業に獲得オファー

掲載された人材の採用は在籍する企業に直接打診。採用を決めた場合は、あらかじめ設定された移籍金を支払います。適切な人材を適切なコストで採用でき、移籍金を得た企業は次の採用の原資にすることができます。

ご利用料金

・移籍が成立するまでは無料でご利用いただけます。
人材情報の掲載や検索、企業間の移籍交渉は無料で無制限に行えます。

・移籍が成立した場合
人材を採用した企業は、 移籍元の企業に移籍金からシステム利用料を差し引いた金額をお支払いいただきます。 当社よりシステム利用料として、 人材を採用した企業様に移籍金の20%、 または20万円のいずれか高い方の金額を請求させていただきます。

以上

プロフィフティーンについて

代表の兼田は、前職のメディア運営・アプリ開発企業にて開発責任者を務める中、多くの優秀なエンジニアがキャリアアップを目指し大企業へ転職をしていくという経験を数多くしてきました。多くの中小企業もまた、優秀な人材ほどスキルアップを目指して転職していくと共に、採用コストと優秀人材の離職が経営上のリスクとなっていることを知りました。自身の開発力を生かし、人材市場の仕組みを変えるサービスを創りたいと考え、2020年5月株式会社プロフィフティーンを設立。人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」を開発し、2021年3月にサービス提供開始予定です。

【会社概要】
株式会社プロフィフティーン
代表:代表取締役 兼田 浩太
本社所在地:東京都渋谷区円山町5番5号Navi渋谷V3階
設立年: 2020年5月
資本金: 2330万円
事業内容: 人材移籍プラットフォーム「HR TRADE」の開発・運営
https://www.pro15n.co.jp/

【プレスリリース「【業界初】キャリアアップの新しい選択肢。人材移籍プラットフォーム『HR TRADE』事前登録開始。」(PR TIEMS)より|2021年2月1日・株式会社プロフィフティーン】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました