@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社ハッピースマイル


コロナ禍でのコミュニケーション促進ねらいオンライン社内報を創刊。社風やビジョンを社外にも伝えるツールへ

2021.02.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真代行販売サービス「みんなのおもいで.com」を提供するハッピースマイル(埼玉・さいたま)は、社内限定で閲覧していた社内報を刷新し、社内外のコミュニケーションを促進させるオンライン社内報「ポジティフル」を創刊したと発表した。 1月1日から公式 note で内容を公開している。
https://note.com/happysmile1753

同社の発表によると、新型コロナウイルス感染拡大により対面コミュニケーションが困難な状況下だからこそ社内報の役割を見直し、「社内の今」やビジョンを社内外に伝えることを目指しているという。以下、リリースより。

コロナ禍におけるコミュニケーション課題の解決のため社内報を刷新

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークの導入や、多くの企業においてこれまで行われていた食事会などの社内イベントが自粛・中止されるなど、インナーコミュニケーションの量・質における変化が課題となっています。とりわけ業務の異なる従業員との意思疎通が難しくなり、部署を横断した新規プロジェクトの立ち上げや、コロナ禍だからこそ、より丁寧なケアが求められる同僚や部下への配慮が難しい状況が広がっています。

当社では、2020年4月に発令された1回目の緊急事態宣言以降、部門や業務内容に応じて柔軟な働き方を推奨しております。フルリモートワークにて業務を行う従業員がいる一方で、ほぼ毎日オフィスにて業務を行う従業員も一定数おり、これまでのように「なんとなくお互いの状況を把握する」ということが難しくなりました。こうした状況だからこそ、社内報が果たせることがあるのではないかとの想いから、今回内容を刷新することを決定しました。

非対面が続く採用コミュニケーション深化のため公式 note での公開を開始、社風やビジョンも伝える

また、2020年9月に実施した新卒採用内定者アンケートにおいて、大学生活や就職活動のほとんどが非対面式になる中で、大きな不安を感じたという声があり、「従業員だけでなくご家族や、入社を検討してくださっている方をつなぐ役割を社内報が果たせるのでは」という意見が社員から挙がり、公式 note での社内報公開が決定しました。

社内報を公開するにあたり、それまで担当者や代表取締役など限られたメンバーでの執筆が中心だった体制を一新。部署や勤続年数など関係なく、様々な従業員に会社への想いや業務内容だけでなく趣味などの幅広い内容で執筆してもらうことで、同僚の新たな一面や、「社内の今」を共有できる社内報を目指し、公開してまいります。

また、コロナ禍で採用活動が大きく影響を受けた経験を踏まえ、人事担当者とも協力し、これまで対面でお伝えしてきた社風やビジョンを伝えるツールとして社内報の活用が進むよう、内容をパワーアップしていきたい考えです。

【社内報概要】

■社内報名称:ポジティフル
■名称の由来:英語のPositive(ポジティブ)とBeautiful(ビューティフル)を掛け合わせた造語で、
「ポジティブであることは素晴らしい」という企業文化を表現しました。
ポジティブには「前向きな」「楽観的な」という意味以外にも、「積極的な」「建設的な」と
いうニュアンスがあり、メンバーからの積極的な提案や意思表示を尊重する社風を表す言
葉として、当社が大切にしている価値観の一つです。
■主なコンテンツ:内定者トーク、トップメッセージ、写真実験など
■初回公開日:2021 年1 月1日
■情報発信日:不定期
■公開先:当社公式note  https://note.com/happysmile1753

【株式会社ハッピースマイル】 HP:https://happysmile-inc.jp/

「写真販売の文化を変え 写真に関わる全ての人が 写真で幸せになれる世界を創る」。
写真に関わる全ての方の、「困った」を解決し、喜んでもらえるお客様を1人でも多く増やすのが、ハッピースマイルの存在意義であると考え、現状に満足することなく、常に新しいアイデアを創造し、写真販売に関するリーディングカンパニーを目指しています。

代表取締役:佐藤 堅一(さとう・けんいち)
本社:埼玉県さいたま市西区指扇1753
資本金:2000万円(2021年1月現在)
事業内容:写真代行販売システムの運営・提供/プロカメラマン派遣事業/各種撮影事業
「みんなのおもいで.com」(https://minnanoomoide.com/

【プレスリリース「従業員の想いや取組みをシェアするオープン社内報 公式noteで公開 オンライン社内報『ポジティフル』2021年1月創刊 コロナ禍の採用コミュニケーションの深化を図るねらいも」(ドリームニュース)より|2021年1月26日|株式会社ハッピースマイル】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■LIFULL、サイバーエージェント、サイボウズの「社内広報」
企業理念や自社の価値を社員に浸透させる「インナーブランディング」が注目されている。社員の意識や行動は企業ブランドに直結するため、社内広報や顧客、株主向けの社外広報を組み合わせた戦略が重要だ。自社の企業イメージを向上させて社内、社外にファンをつくるために、バックオフィスは何をすればいいのか。
【おすすめポイント】
・インナーブランディングの実践例が分かる
・LIFULL、サイバーエージェント、サイボウズの成功事例が分かる
・広報の戦略立案が分かる
【@人事編集部】

テキストコミュニケーションを制する者はテレワークを制す!

pr_smp_1small

テレワークをする中で「テキストで業務の指示をしたりするのって意外と難しい!」「会話だと簡単なのに、テキストだと上手く伝わらない」など悩んでいる方も多いのではないでしょうか。株式会社ニットの小澤美佳氏がテキストコミュニケーションのポイントについて伝えます。
>>詳細をチェックする【@人事プライムコラム】

「組織に一体感って必要?」人事の常識を疑え! 曽和利光×北野唯我

pr_smp_3small

@人事はTwitter上や対面で、読者から「組織改革」に関する悩みや質問を募集。編集部がその中から4つをピックアップし、2人にぶつけました。「そもそも人事評価っているの? 」「組織に一体感って必要ですか? 」と人事の常識を覆す名回答が次々と飛び出します。
>>詳細をチェックする【@人事ONLINE】

採用ブランディングに効果的な「デザイン経営」とは? 事例で解説

pr_smp_2small

採用ブランディングにおいて注目されているのが、デザインの視点をあらゆる企業活動に取り入れる「デザイン経営」の思考だ。この思考で企業理念や採用プロセス、入社後の育成などを一環して見直すと、採用力の強化につながる。
>>詳細をチェックする【@人事ONLINE】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました