@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~@人事主催セミナー 「人事の学び舎vol.19」DXの本質を理解し、事例から解決策を学ぶ~ バックオフィスでDX導入が進む企業と進まない企業の違い~

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社チームスピリット


チームスピリットが1月14日から新バージョン「TeamSpirit Winter’21」を提供開始

2021.01.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューノーマル時代の労務管理、及び従業員の柔軟な働き方をサポートする機能を強化

 働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供するチームスピリット(東京・中央)は1月14日、「TeamSpirit」の新バージョン、「TeamSpirit Winter’21」の提供を開始した。
今回のアップデートで、管理監督者が「勤務時間変更申請」機能を追加。労働時管理監督者が自身の休日の設定・変更でき、労務管理者が管理監督者の休日取得状況を正しく把握することが可能になる。その他、シフト変更の裁量がない社員が誤って勤務パターンを指定してシフト変更することなどを防ぐ「勤務パターン制御」機能が追加された。以下、リリースより。

【関連サービス情報】勤怠・工数管理、経費精算など従業員が毎日使う機能をクラウドで一体化し、バックオフィス業務の効率化に貢献
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」(@人事サービスガイド)

「TeamSpirit」の主なアップデート

管理監督者における「勤務時間変更申請」機能を追加

従来のTeamSpiritでは、管理監督者は労働基準法上の労働時間、休憩、休日に関する規定の適用対象外であるため「勤務時間変更申請」機能の対象外となっていましたが、管理監督者の勤務体系においても「勤務時間変更申請」を使用できるようになりました。
これにより、管理監督者が自身の休日の設定・変更をすることができるようになるとともに、労務管理者は管理監督者の休日取得状況を正しく把握することが可能となります。

「勤務パターン制御」機能を追加

従来のTeamSpiritでは、勤務時間変更申請時に「勤務パターン(シフト勤務時間帯)」の指定が可能でしたが、申請時に「勤務パターン」を指定できないようにする機能を追加しました。シフト変更の裁量がない社員が誤って勤務パターンを指定してシフト変更してしまったり、そもそも勤務パターンを使用しない社員が勤務パターンを指定してしまうと、労務管理上の所定労働時間等が変更されてしまうため、これを防ぐ対応をしました。
上記のアップデートに加え、ニューノーマル時代の労務管理、及び従業員の柔軟な働き方を推進するユーザー企業のニーズに応え、以下のアドオン機能のパッケージを提供開始いたしました。

新たに提供を開始した主なアドオン機能パッケージ

看護・介護休暇等、休暇個別の取得時間数データの出力

各従業員の各休暇制度ごとの利用状況のレポート作成、及びデータ出力が可能となります。
本パッケージをご利用いただくことで、ユーザー企業は従業員の看護・介護休暇等の制度の利用促進、そしてより柔軟な働き方を推進することが可能となります。
今後もチームスピリットが提供するサービスを強化し、「すべての人を、創造する人に。」を実現してまいります。

育児・介護休業法施⾏規則の改正について

育児・介護休業法に基づく「子の看護休暇」「介護休暇」は、1日単位または半日単位での取得が可能でしたが、労働者がこれらの休暇をより柔軟に取得することができるよう、育児・介護休業法施行規則が改正され(2019年12 月27日厚生労働省令第 89 号)、 時間単位で取得できるようになりました。 事業規模にかかわらず、施行日は2021 年1月1日となります。

詳細につきましては、下記をご参照ください。
【2021年1月施行】看護・介護休暇の時間単位取得に向けて企業が準備すべきこと

TeamSpiritとは

TeamSpiritは勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。
モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。
サービス紹介ページ:https://www.teamspirit.com/ja-jp/

株式会社チームスピリットについて

株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォームTeamSpiritを提供するB2B SaaS専業企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。
コーポレートホームページ: https://corp.teamspirit.com/ja-jp/

・「チームスピリット」、「TeamSpirit」は株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種サービス名は、各社のサービス名称、商標または登録商標です

【プレスリリース「チームスピリット、新バージョン『TeamSpirit Winter’21』の提供を開始」より|2021年1月14日・株式会社チームスピリット】

編集部おすすめ記事とサービス

pr_smp_1small

■勤怠管理だけでなくバックオフィス業務を一元管理TeamSpirt
「TeamSpirit」の導入により、これまでバラバラだった業務システムをクラウドで手軽に統合することが可能になり、単一の機能導入時と比較してトータルコストを削減することが期待できます。(11月25日開催人事の学び舎レポートより)
【おすすめポイント】
・サービスの特徴「さまざまバックオフィス機能が一体化」が分かる
・勤怠管理システムを選ぶ3つの重要ポイントが分かる
・デモンストレーションでサービスの使い方が分かる
【株式会社チームスピリット】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました