人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


就職氷河期世代活躍支援のためのプラットフォームを全都道府県に設置

2020.10.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は10月20日、都道府県ごとに関係機関を構成員として就職氷河期世代の活躍支援策をとりまとめ、進捗管理等を統括する「都道府県プラットフォーム」が10月19日付で全都道府県に設置が完了したと発表した。

【参照】就職氷河期世代活躍支援都道府県プラットフォーム(厚生労働省)

就職氷河期世代への支援は、政府発表の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2019」(※1)に盛り込まれた「就職氷河期世代支援プログラム(3年間の集中支援プログラム)」等に基づき、厚生労働省が関係省庁と連携しながら、必要な施策を推進。都道府県レベルで支援を進めるための基盤として、全都道府県へのプラットフォーム設置と取り組みの開始を今年度中に目指していた。

また、厚生労働省は就職氷河期世代が利用できるさまざまな支援策を一元的に案内する「就職氷河期世代活躍支援プラン」の運用開始も同時に発表した。

【参照】就職氷河期世代活躍支援プラン(厚生労働省)

(※1)経済財政運営と改革の基本方針2019(令和元年6月21日閣議決定)
 https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2019/2019_basicpolicies_ja.pdf

【報道発表資料「就職氷河期世代活躍支援のための都道府県プラットフォームの全都道府県における設置について」より|2020年10月20日・厚生労働省】

編集部おすすめ記事

pr_smp_1small

■中途採用の新潮流~「越境転職」時代へ
政府は2020年度からの3年間で650億円の予算を投じ、就職氷河期世代の就労支援を行う。3年間で約30万人の正規雇用を増やすため、さまざまな施策が展開される。最新の中途採用市場動向やIT系人材紹介を就労支援として取り組む現場、地方銀行と人材紹介会社の連携など中途採用の新たな動きについて取材した。
【サービスが選ばれる理由】
・「越境転職」で40歳以上の中途人材採用も活発に
・就労支援でIT人材不足で悩む中小企業を救う
・地方銀行「人材紹介業」の実態。地方に活力を
【@人事編集部】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました