入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社システムインテグレータ


企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」が10月24日に開催

2020.09.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3名1チームでプログラミング力を競うオンラインイベントが今年も開催決定。企業スポンサーも募集中

株式会社システムインテグレータ(さいたま市)は、企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」を2020年10月24日(土)に開催する。

「PG BATTLE」は3人1チームでプログラミング力を競い合う団体戦で、「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部(大学と大学院混成可)」「高校・中学・小学の部」の3部門それぞれ競い合う。作品を提出して審査する方式ではなく、4つの出題に対して90分間にリアルタイムでプログラムを作成するオンライン競技。同じ条件で一斉に行うプログラミングバトルのため、プログラミングスキルがそのまま結果に表れる真剣勝負が人気を博している。

2018年に初めて開催して260チーム780人が参加。2019年の第2回には444チーム1,332人が参加している。
競技は主催するシステムインテグレータ社が提供するプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使用。参加資格は1チーム3名でエントリーすること。1人が複数チームに所属して参加することはできない。エントリーの申込期限は10月11日(日)まで。参加費は無料。また、現在、スポンサー企業も募集している。以下、リリースより。

「PG BATTLE 2020」:https://products.sint.co.jp/pg_battle
スポンサー制度:hthttps://products.sint.co.jp/pgb_sponsor

PG BATTLE 開催概要

開催日時:
2020年10月24日(土)13:00~14:40 15:00以降に正解発表
開催場所:
競技は会場を使用せず、自宅・自席等からインターネット経由でリモート参加します。
主催:株式会社システムインテグレータ
共催:AtCoder株式会社
競技内容:プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使って90分間のうちに4問のプログラムを書いて提出します。
参加資格:1チーム3名でエントリーします。1社あるいは1校で複数のチームが参加することは歓迎しますが、1人が複数チームに属することはできません。
エントリー期間:2020年7月10日(金)~ 10月11日(日)
参加費:無料
参加部門:
「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部(大学と大学院混成可)」「高校・中学・小学の部」の3部門それぞれで競い合います。
問題の種類 難易度の異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」という3つの問題があり、3人の中で誰がどの問題を受けるか決めます。
順位:
3人の合計点数で競います(300点満点)。同じ点数の場合は、解答時間の短い方が上位となります。本人には個人順位も通知します。
賞品:
3つの参加部門それぞれで、Amazonギフト券 1位:24万円、2位:12万円、3位:6万円
そのほかに、各部門で飛び賞(賞品)があります。
表示言語:
日本語または英語での受験が可能です。海外からのリモート参加も歓迎します。(昨年も様々な国のチームが参加してくれました)
プログラミング言語:
Java, C#, Ruby, Python, PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応していますので、自分の最も得意な言語で参加できます。

詳細:https://products.sint.co.jp/pg_battle
昨年のPG BATTLE 2019https://products.sint.co.jp/pg_battle_2019

スポンサー制度

第2回大会となった昨年は、23社もの企業にスポンサーとして加わっていただきました。その結果、参加者数が大幅に増加し、コンテスト当日はもちろんのこと、1週間後に実施したオンライン結果発表会も大いに盛り上がりました。プログラマーの祭典としてインパクトのあるイベントに育っています。

PG BATTLE 2019スポンサー企業
https://products.sint.co.jp/pgb_sponsor_list_2019

日本のプログラミングレベルを向上させたい、もっとプログラマーをリスペクトしよう、プログラミングを楽しもう、というPG BATTLEの趣旨に賛同いただけるスポンサーを今年も募集します。この機会にぜひご検討ください。

画像:スポンサー制度(株式会社システムインテグレータ「PG BATTLE」」)

詳細:https://products.sint.co.jp/pgb_sponsor

TOPSICについて

PG BATTLEの運営には、当社が開発したプログラミングスキル判定クラウドサービス「TOPSIC」を利用しています。
英語力を数値化したTOEIC(R)のように、TOPSICはプログラミングスキルを客観的に測定することが可能です。全自動採点方式なので、オンライン・リアルタイムにテスト結果が確認できます(PG BATTLEでも30分後に結果が確認できます)
また、多言語にも対応しており、TOEICが英語能力の見える化に貢献したように、インターナショナルなプログラミングスキル判定のスタンダードを目指して国内外への普及に努めています。
このように、TOPSICは、多くの企業で「社員のプログラミング教育」や「エンジニア採用のスクリーニング」に活用されています。

TOPSICの詳細
https://products.sint.co.jp/topsic

システムインテグレータについて

会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826 (東証一部)
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランドアクシスタワー32階
設立:1995年3月
代表者:代表取締役社長 梅田 弘之
資本金:3億6,771万円
URL:http://www.sint.co.jp/

事業内容:
・パッケージソフトおよびクラウドサービスの開発・販売
・AI関連サービスの提供等

※文中の画像はすべて下記のリリースより使用

【ニュースリリース第3回 企業・学校対抗プログラミングコンテスト『PG BATTLE 2020』 3名1チームでプログラミング力を競うオンラインイベントが今年も開催決定」|2020年6月30日・株式会社システムインテグレータ】

編集部おすすめサービス

pr_smp_1small

■プログラミングスキル判定サービス「TOP
初級から上級までエンジニアのプログラミングスキルを判定できるクラウドサービスです。オンライン上でリアルタイムで判定でき、プログラミングに詳しくない人事担当者や経営企画担当者でも、定量的なデータによる迅速な判断が可能に。
採用のミスマッチ防止や、外注依頼時の事前スキルチェック、成績や順位のグラフ化機能を活用して効果的な教育訓練にも。
【サービスが選ばれる理由】
・プログラミングスキルの見える化
・採用や社員教育を効果的・効率的に
・クラウドならではの簡単運用
【株式会社システムインテグレータ】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました