ニュース・トレンド

株式会社ドワンゴ


ドワンゴが7月1日から在宅勤務制度を恒久化。対象社員に在宅勤務手当を毎月2万円支給

2020.06.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月17日から開始している「電気代・通信費等手当」の支給を廃止。出社時の交通費は実費を経費精算

ドワンゴ(東京・中央)は6月29日、恒久的に実施する在宅勤務制度を7月1日から導入すると発表した。対象の従業員は、在宅勤務を基本とし、必要に応じて出社する。【写真:今回の発表を伝える同社のHPより(2020年6月30日15時時点)】
同社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月17日から全従業員対象とした在宅勤務体制に移行していた。6月1日からは、在宅勤務体制の恒久化に向けた「試行期間」と位置付け、必要な場合には出社を認めながら、在宅と出社の業務バランスの最適化を図りながら、新しい働き方の確立を目指していた。

【関連記事】ドワンゴが7月からの在宅勤務制度の本格導入を目指し、6月1日から試行開始

試行期間の結果を踏まえ、7月1日からは対象の正社員・契約社員に在宅勤務手当を月額2万円、アルバイトは上限を月額2万円とした日額1千円の支給を決定した。
一方で、2月17日から支給していた電気代・通信費等手当(551円/週)は6月末で廃止。出社時の交通費は、定期代ではなく経費精算で実費を支給する。
今後は、フリーアドレス席の設置や会議スペースの拡充など、在宅勤務対象者の固定席撤廃に伴う職場環境の整備を行っていく予定。

【参照】プレスリリース「在宅勤務制度を7月1日より本格導入、恒久化へ 対象者へ毎月2万円の手当を支給決定」より|2020年6月29日・株式会社ドワンゴ】

【編集部より】緊急事態宣言解除後の各社の新たな働き方改革関連記事はこちら

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました