新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社OKAN


⼈材定着ツール ハイジ『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』β版を6月22日から無料リリース

2020.06.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKAN(東京・豊島)は6月22日、提供する⼈材定着のための組織改善サービス『ハイジ』に、「最適な⼈員配置」や「業務量と時間的負担」、「メンタルヘルス」などの組織課題について個⼈単位の状態・推移を可視化する『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』(β版)を追加し、無料で提供を開始したと発表した。

新型コロナウイルス対策として実施されたリモートワークの影響で、従来通りのコミュニケーションがとりづらくなり、従業員個⼈の状態把握がより重要となっている点や、個々⼈の価値観が多種多様化し、「組織として全体最適を⽬指すべきことだけでなく、個⼈について把握しなければ組織課題が解決できないというケースと個⼈についての把握を同時に⾏いたいというケースが増加している」(同社)ことを受け、今回のオプションを追加した。
オプションは15の組織課題について、スコアの分布状況や属性別の傾向、従業員ごとの個別スコアが確認できるほか、従業員別に、会社・組織・個⼈レベルのスコア推移の確認などができる。無料で利用できる期間は2020年9月まで。

『ハイジ』は2020年2月に「望まない離職を今以上にスピード感を持って解決する」目的で無償化され、離職防止・人材確保の優先順位づけに活用できるツールとして、規模や業界を問わず導入数を増やしている。以下、リリースより。

【関連記事】
望まない離職問題の早期解決へ。組織改善サービス『ハイジ』を2月18日より無料提供
組織改善サービス『ハイジ』が人材定着に関わる新項目を追加してアップデート

テレワークにオフィスワーク、需要が⾼まる、“個⼈の多様な働き⽅の課題”を⾒える化

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡⼤による社会の変化は、⼈々の働く価値観を⼤きく変えました。リモートワークの全⾯・部分採⽤などの影響で、従来通りのコミュニケーションがとりづらく、従業員個⼈個⼈の状態把握がより重要となってきています。
また、これまで以上に個々⼈の価値観『ワーク・ライフ・バリュー』(多種多様な価値観)への対応が求められる中で、組織として全体最適を⽬指すべきことだけでなく、個⼈について把握しなければ組織課題が解決できないというケース/個⼈についての把握を同時に⾏いたいというケースが増加しており、今回のオプションを追加する運びとなりました。

今、企業の⼈事・総務・労務担当者には、会社存続のための「適切なコストコントロール」と、そのための「優先順位づけ」が必要とされています。この苦境を耐え、⽴て直しを図りたい企業にとって、チャンスをつかむために最も必要になるのが「⼈材」です。
せっかく採⽤した⼈材や勤続年数の⻑い⼈材が流出してしまっていては、今後再起がかけられません。離職につながるような間違ったコストカットを防ぐためにも、また、従業員を幸せにする責務のある⽴場としても、正しい経営判断が求められています。

『ハイジ』は、働き「つづけられる」組織をつくる、⼈材定着のための組織改善サービス。2⽉より無料化し、リテンションマネジメント視点での優先順位づけの⽅法として、規模や業界にかかわらずご利⽤いただいています。従業員アンケートと結果レポートによって、⼈材定着と関連の深い「チームワーク」「多様な働き⽅に関する理解」「適正な労働時間」などの、従業員の⼈材定着、離職率の低下を⽀援するための組織課題を可視化し、改善の施策の選定や実⾏をサポートします。
今回のオプションに限らず、今後も課題に合わせた解決策の提案機能を拡充。望まない離職を減らしたいと考えます。

『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』概要

写真:『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』概要(人材定着サービス『ハイジ』)

組織の全体最適だけでなく、個⼈にフォーカスして企業課題の解決を必要とする組織において、個⼈のスコアを可視化し、企業担当者が対処の優先度や施策を検討することが可能です。
本機能は、アンケートを開催するごとに利⽤するかどうかを選択できます。利⽤する場合は「⼈事部のみで閲覧」など、閲覧者を従業員に対して明⽰することで、安⼼してご回答いただけます。

・オプション名 ︓『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』
・オプション価格 ︓ 無料(2020 年9 ⽉まで)

<機能詳細>

・「最適な⼈員配置」「業務量と時間的負担」「メンタルヘルス」などの15 の組織課題について、スコアの分布状況や属性別の傾向、従業員ごとの個別スコアが確認可能
・従業員別に、会社レベル・組織レベル・個⼈レベルのスコアに関する推移を確認
・本機能は企業様・アンケート開催ごとにON/OFF可能。ON とする場合は「⼈事部のみで閲覧」など、閲覧者を従業員に対して明⽰することで、安⼼して回答いただけます
※有料転換タイミングは、変更の可能性あり(タイミング変更連絡及び、切り替え意思の確認を事前に⾏います)
※本機能を利⽤する場合は、回答者に結果を閲覧する権限のある⼈を通知していただきます

⼈材定着⽀援サービス「ハイジ」サービス概要(https://hygi.jp/

『ハイジ』は、働き「つづけられる」組織をつくる、⼈材定着のための組織改善サービスです。従業員アンケートと結果レポートによって、⼈材定着と関連の深い組織の課題を数値化することができます。約50問の質問回答をもとに15項⽬で分析し、部署・年代・性別等のカテゴリでスコアを作成、改善までをサポートします。PC /スマートフォンでアンケート調査を⾏い、結果レポートを閲覧するまでのシステム利⽤料は無料。その他、「伴⾛⽀援プラン」など有料オプションも⽤意、根本的な課題解決を⽬指します。
⽇本の労働⼈⼝は減少トレンドに⼊り、採⽤が難化する昨今、採⽤(エントリーマネジメント)に加えて、定着(リテンションマネジメント)について考える必要性が⾼まっています。OKAN では、望まない離職防⽌を今以上に加速するために、『ハイジ』を2020年2 ⽉より無料で提供しています。

<機能詳細>

・Web でのアンケート回答(10分)*PC、スマホ対応メールアドレス無しの場合もOK
・紙でのアンケート回答 *オプション料⾦
・拠点別、部⾨別、属性別等のレポート(ドリルダウン可能)
・時系列での変化レポート
・(予定) 拠点別・部署別に適正化されたPDF帳票出⼒ etc

<抽出項⽬>

IT・作業設備の充実、快適な職場環境、経営への信頼、最適な⼈員配置、教育の体制、適切な評価、
多様な働き⽅、良好な⼈間関係、上司との関係、業務量と時間的負担、私⽣活との両⽴、
休暇のとりやすさ、やりがい、フィジカルヘルス、メンタルヘルス

株式会社OKAN企業概要

株式会社OKAN は、「働く⼈のライフスタイルを豊かにする」をミッション・ステートメントに、リテンションマネジメントカンパニーとして、⼈材不⾜が深刻である⽇本における企業課題と社会課題の解決に取り組み、「働きつづけられる」社会を実現することを⽬指しています。
仕事内容だけではなく、健康、家庭との両⽴、⾃分らしい⽣活など、あらゆる価値観=「ワーク・ライフ・バリュー」を各企業個々が理解し従業員をサポートするために、ぷち社⾷サービス「オフィスおかん」、⼈材定着のための組織改善サービス「ハイジ」の2事業を展開。これらの問題特定から改善・解決までの⽀援サービスを企業向けに提供しています。
・会社名   : 株式会社OKAN(URL: https://okan.co.jp/
・代表者   : 沢木恵太(さわきけいた)
・住所    : 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋10階
・設立年月  : 2012年12月10 日

【プレスリリース「テレワークにオフィスワーク、需要が⾼まる、“個⼈の多様な働き⽅の課題”を⾒える化 ⼈材定着ツール ハイジ『個⼈ごとのスコア表⽰オプション』β版を無料リリース」(PDF)より|2020年6月22日・株式会社OKAN】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました