新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

ニュース・トレンド

プレスリリース

厚生労働省


雇用調整助成金の助成額を引き上げ 企業規模を問わず15,000円に

2020.06.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律が6月12日に成立した。これにともない、雇用調整助成金の1人1日あたりの助成額の上限額が8,330円から15,000円に引き上げられる。対象期間は令和2年4月1日から9月30日までに実施した休業および教育訓練で、企業規模は問わない。
また、解雇等を行わない中小企業の助成率が、一定の要件を満たす場合除き原則10分の9だったのが、一律10分の10に拡充する。以下、報道発表資料より。
【TOP画像は厚生労働省のリーフレット「雇用調整助成金の受給額の上限を引き上げます」より】

関連記事:新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等を引上げ。対象期間は9月30日まで延長

1.助成額の上限額の引上げ及び助成率の拡充について

(1)助成額の上限額の引上げについて

雇用調整助成金の1人1日あたりの助成額の上限額は8,330円となっていました。
今般、令和2年4月1日から9月30日までの期間の休業及び教育訓練について、企業規模を問わず上限額を15,000円に引き上げることとしました。

(2)解雇等を行わない中小企業の助成率の拡充について

解雇等をせずに雇用を維持している中小企業の休業及び教育訓練に対する助成率は、原則9/10(一定の要件を満たす場合は10/10など)となっていました。
今般、この助成率を一律10/10に引き上げることとしました。

現行(4/1~6/30) 見直し後(4/1~9/30
助成額 1日8,330円が上限 1日15,000円が上限
助成率 ○ 大企業 2/3
○ 中小企業4/5

※解雇等がない場合
○ 大企業 3/4
○ 中小企業 9/10
【中小企業特例】(4/8~6/30)
・休業要請を受け休業する等、一定の要件を満たす場合 10/10
・休業手当支払率が60%超の場合は超えている部分は10/10
○ 大企業   2/3(変更なし)
○ 中小企業 4/5(変更なし)
                                                                                          
※解雇等がない場合
○ 大企業 3/4(変更なし)
○ 中小企業 10/10

(3)遡及適用について(詳細は別添のリーフレットをご覧ください。)

ア (1)及び(2)の引上げ及び拡充については、既に申請済みの事業主の方についても、以下のとおり、令和2年4月1日に遡って適用となります。
なお、労働局・ハローワークで追加支給分(差額)を計算しますので、再度の申請手続きは必要ありません。

  1 既に雇用調整助成金の支給決定がなされた事業主
  ⇒ 後日、追加支給分(差額)を支給いたします。
 
  2 既に支給申請をしているが、雇用調整助成金の支給決定がなされていない事業主
  ⇒ 追加支給分(差額)を含めて支給いたします。

イ 1又は2の事業主の方が、過去の休業手当を見直し(増額し)、従業員に対して追加で休業手当の増額分を支給した場合には、当該増額分についての追加支給のための手続が必要となります。

2.緊急対応期間の延長について

新型コロナウイルス感染症の感染の拡大防止のため、雇用調整助成金については、令和2年4月1日から同年6月30日までを緊急対応期間とし、各種の特例措置(※1)を講じてきました。

(※1)緊急対応期間中の特例措置

・生産量要件の緩和(確認期間3か月→1か月で5%減)
・助成対象の拡充(雇用保険被保険者でない労働者も助成金の対象)
・助成率の引上げ
・支給限度日数の特例 など

今般、緊急対応期間の終期を3か月延長することとし(令和2年9月30日まで延長)、上記1(2)の助成率の拡充に加え、これまでの特例措置も延長して適用することとしました。
なお、緊急対応期間の前から講じていた特例措置(※2)については、対象期間の初日が令和2年9月30日までの間にある休業等に適用することとしました(現行は同年7月23日までの間にあるものに適用。)。

(※2)緊急対応期間前からの特例措置

・クーリング期間の撤廃
・被保険者期間要件の撤廃 など

3.出向の特例措置等について

雇用調整助成金の支給対象となる出向については、出向期間が「3か月以上1年以内」とされていますが、緊急対応期間内においては、これを「1か月以上1年以内」に緩和しました。
なお、(公財)産業雇用センターにおいては、新型コロナウイルス感染症への対応として、「雇用シェア(在籍出向制度)」を活用して従業員の雇用を維持する企業を支援するため、「雇用を守る出向支援プログラム2020」を開始しました(詳細は別添のリーフレットをご覧ください。)。

【公表資料】
○リーフレット「雇用調整助成金の受給額の上限を引き上げます」(PDF:966KB)
○リーフレット「雇用を守る出向支援プログラム2020」(産業雇用安定センター)(PDF:765KB)

【報道発表資料「雇用調整助成金の助成額の上限額を引き上げます」より|2020年6月12日・厚生労働省】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました