新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

ニュース・トレンド

ニューノーマルの働き方


カヤックの鎌倉オフィスが6月から「NO密オフィス」に改装。新型コロナに対応した働き方へ

2020.06.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな企業がWith/Afterコロナの働き方への取り組みを始めているなか、面白法人カヤック(神奈川)はリモートワークを実施していた働き方を改め、6月1日から順次、社員が出勤する体制に移行した。
それに先立ち、社員の約4割(約120人)が勤務する鎌倉オフィス(本社)を「一緒に働く仲間とのチームワークやコミュニケーションの円滑さを考え、社員が楽しく働ける」ことを目的に、3密回避を想定したオフィス「NO密(ノ-ミツ)オフィス」へと改装した。

「NO密オフィス」での働き方として、「執務スペースは定期的に窓を開けて換気を実施」「会議室は外部と内部のco2濃度計の差が600ppm以上あったら窓を開け、換気をしてから会議を開始」「ソーシャルディスタンスがわかるように、デスクから2メートル離れた床にマーキング」などの取り組みをを実施。オフィス内の各所には共通のデザインによる注意喚起のサインディスプレイを表示させている。

「NO密オフィス」での働き心地は社員からも好評だ。
「オフィスに出社することに対する不安感が大きく軽減されたことで、出社に対して前向きな社員が増えた気がします」(30代・ゲームプロデューサー)
「私は自分の空間がしっかりと確保できてとても快適に作業させてもらっています」
(20代・「まちのコイン」ディレクター)

カヤックの「NO密オフィス」の取り組み

写真:開発棟オフィスのレイアウト変更前(左)と変更後(右)(カヤックの「NO密オフィス」の取り組み)

開発棟オフィスのレイアウト変更前(左)と変更後(右)。アクリル板は設置に向け素材や価格を検討中

写真:会議棟オフィスのレイアウト変更前(左)と変更後(右)(カヤックの「NO密オフィス」の取り組み)

会議棟オフィスのレイアウト変更前(左)と変更後(右)

写真:階段ごとに「上り」か「下り」の一方通行が指定されている(カヤックの「NO密オフィス」の取り組み)

階段ごとに「上り」か「下り」の一方通行が指定されている

写真:会議室は使用人数を4人までに制限(カヤックの「NO密オフィス」の取り組み)

会議室は部屋ごとに使用人数を制限した

写真:オフィスキャパシティのサイン(左)とトイレの手洗いサイン(右)(カヤックの「NO密オフィス」の取り組み)

オフィスキャパシティのサイン(左)とトイレの手洗いサイン(右)

※写真はすべてカヤック社提供
開発棟、階段、オフィスキャパシティサイン(2020年6月1日撮影)
会議棟、会議室、トイレ(2020年6月9日撮影)

以下、カヤック社が公開している「NO密オフィス」の特徴を掲載する。

「NO密オフィス」の特徴

カヤック鎌倉オフィスは、6月から新型コロナ対策の「NO密オフィス」になります

1.NO密閉空間

  • 執務スペースは定期的に窓を開けて換気を実施
  • 会議室は外部と内部のco2濃度計の差が600ppm以上あったら窓を開け、換気をしてから会議を開始

2.NO密集場所

  • デスクのレイアウトを横並びから個別に座れるように変更し、さらにアクリル版の仕切りを設置予定

イメージ図「デスクのレイアウトを横並びから個別に座れるように変更し、さらにアクリル版の仕切りを設置予定」(カヤック「NO密オフィス」の取り組み)

  • ソーシャルディスタンスがわかるように、デスクから2メートル離れた床にマーキング
  • 各オフィスと会議室の定員数がわかるサインを設置し、人の密集を防止

3.NO密接場面

  • 会議室は人と人が向かい合わず、鏡を設置した壁を向いてオンライン会議に

イメージ図「会議室は人と人が向かい合わず、鏡を設置した壁を向いてオンライン会議に」(カヤック「NO密オフィス」の取り組み)

  • 階段は人が行き交わないように、登り専用と下り専用に分ける
  • オフィス内も時計回りで移動することで、人の交差リスクを避ける

4.その他の感染対策

  • 手洗いを啓発するポスターの設置
  • 席数が現在の340席から、170席に減るため、週に2、3日程度の分散出勤を推奨(5月28日に更新しました)

出典:「カヤック鎌倉オフィスは、6月から新型コロナ対策の『NO密オフィス』になります」より


【関連情報】カヤックの取り組みを取材した記事

【編集部より】緊急事態宣言解除後の各社の新たな働き方改革関連記事はこちら

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました