新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

21年卒就職プロセス調査(リクルートキャリア)


21年卒生の6月1日時点の就職内定率は56.9%で前年同月比マイナス13.4ポイント。2カ月連続で前年同月を下回る

2020.06.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルートキャリア(東京・千代田)の就職みらい研究所は6月5日、2021年卒生の2020年6月1日時点の内定状況をまとめた「就職プロセス調査」を発表した。
調査結果によると、6月1日時点の就職内定率は56.9%で前年同月比マイナス13.4ポイントだった。2か月連続で前年同月を下回り、新型コロナウイルスの対応で企業が採用選考のスケジュールを後ろ倒しにした影響が出ているとみられる。

また、21年卒生が2020年5月1日~31日時点までに実施した就職活動については、「Web上での面接を受けた」が前年同月比で47.8ポイント増、「面接など対面での選考を受けた」が同50.1ポイント減と大きく変動した。以下、リリースより。

前年と比べ内定率が低いが、対面での選考を控え、最終選考まで進まなかった影響も

「就職内定率」リクルートキャリア就職プロセス調査(2021年卒)「2020年6月1日時点 内定状況」

6月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は56.9%(-13.4ポイント)※1と20年卒と比べ低くなりました。学生が5月中に行った活動の実施率を見ると、「面接など対面での選考を受けた」が21.4%(-50.1ポイント)、「Web上での面接を受けた」が52.5%(+47.8ポイント)で、Web面接は進んでいるものの対面での選考が実施できていない様子がうかがえます。

2020年5月1日~31日時点までに実施した活動:リクルートキャリア就職プロセス調査(2021年卒)「2020年6月1日時点 内定状況」

2020年5月1日~31日時点までに実施した活動

参考データではありますが、内定取得先企業の従業員規模では300人未満企業の内定取得が前年と比べて低くなっています。

リクルートキャリア就職プロセス調査(2021年卒)「2020年6月1日時点 内定状況」

6月1日時点の内定取得先企業の従業員規模(参考)

文理別に内定率を見ると文系が48.8%(-19.0ポイント)、理系が74.9%(-1.2ポイント)となり、5/15時点に続き理系学生の内定取得が進んでいます。しかし、文系の5/1時点と5/15時点の内定率を比較すると+1.7ポイントだったものが、5/15時点と6/1時点では+7.4ポイントとなり、文系学生も動き出していると言えるでしょう。

さて、内定率が2ヶ月連続で前年同月と比べ低くなったことで、心配になる学生もいると思います。しかし、現行の採用スケジュールとなり、大卒求人倍率が1.74※2であった17年卒(同時期51.3%)と比べると、依然内定率は高い状態。採用選考のスケジュールを後ろ倒しにしている企業は6月以降に内定出しをすると見られ、引き続き7月以降の動きに注意が必要です。

リクルートキャリア就職プロセス調査(2021年卒)「2020年6月1日時点 内定状況」

就職内定辞退率

※1 ( )内数値は前年同月差
※2リクルートワークス研究所大卒求人倍率調査

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20200605.pdf(1.1MB)

【報道発表資料「就職プロセス調査(2021年卒)「2020年6月1日時点 内定状況」 就職内定率は56.9%、前年同月比-13.4ポイント。2ヶ月連続で前年同月を下回り、採用活動後ろ倒しの影響が出ているより|2020年6月5日・株式会社リクルートキャリア】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました