【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


申請期限を9月30日まで延長。新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースを見直し

2020.05.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は5月24日、新型コロナウイルス感染症対策として新たにテレワークを導入した中小企業事業主を支援するための「働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)」を見直すと発表した。

テレワーク用通信機器の納品の遅延などにより、事業実施期間内に取組を行うことが困難な事業主支援を行うための措置で、すでに交付申請書を提出済または、5月29日までに提出予定の事業主を対象として、助成対象となる事業実施期間を「6月30日又は交付決定後2か月を経過した日のいずれか遅い日」まで延長するほか、支給申請期限も9月30日まで延長する。詳細含め以下、報道発表資料より。

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の見直しについて

<主な改正点>

・助成対象となる事業実施期間を「6月30日又は交付決定後2か月を経過した日のいずれか遅い日」まで延長する
(注)リース契約、ライセンス契約、サービス利用契約等に係る費用については、事業実施計画で予定していた日数(※)の範囲内で助成
 ※サービス利用開始日から実施予定日数を経過した日が、延長後の事業実施期間を超える場合は、サービス利用開始日から当該事業実施期間の終了日までの日数
・支給申請の期限を9月30日まで延長する

【公表資料】

リーフレット

リーフレット:「働き方改革推進支援助成金 」 新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースのご案内 ★交付申請書の提出は、5月29日までです! 」 リーフレット:「働き方改革推進支援助成金 」 新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースのご案内 ★交付申請書の提出は、5月29日までです! 」

新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

<問合せ先>

テレワーク相談センター  https://www.tw-sodan.jp/
電話:0120-91-6479
 上記のフリーダイヤルがつながらない場合には、以下の番号でも受け付けます。(5月31日まで)
 電話:03-5577-4724、03-5577-4734
 ただし、通信料は発信者負担になりますので、ご留意ください。

【報道発表資料「働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の見直しについてより|2020年5月24日・厚生労働省】


【編集部より】コロナウイルス対策の関連記事はこちら

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました