プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


厚生労働省、新型コロナウイルス拡大防止に向け妊娠中の女性労働者への配慮を要請

2020.04.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は4月1日、経済団体および労働団体に対して、職場における新型コロナウイルスの感染の拡大防止に向けて、妊娠中の女性労働者などへの配慮を要請した。

新型コロナウイルスに限らず、妊娠中に肺炎を起こすと重症化する可能性があるため、各企業は妊娠中の女性労働者などに配慮した取り組みを促進することが求められる。以下、報道発表資料より。

妊娠中の女性労働者に配慮した労働環境への協力を要請

厚生労働省では、このたび、経済団体(日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会)及び労働団体(日本労働組合総連合会)へ、職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について要請を行いました。
今回の要請は、職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、妊娠中の女性労働者等に配慮した、休みやすい環境整備、テレワークや時差通勤の活用促進等について、各企業における取組が促進されるよう、協力を求めることを目的としたものです。

要請内容のポイント

■現時点での医学的知見では、妊娠後期に新型コロナウイルス感染症に感染したとしても、経過や重症度は非妊婦と変わらないとされているが、新型コロナウイルスに限らず一般的に、妊娠中に肺炎を起こした場合、妊娠していない時に比べて重症化する可能性があること。また、新型コロナウイルス感染症に係る現状のなかで不安を感じている場合もあること。

■パートタイム労働者、派遣労働者、有期契約労働者など、多様な働き方で働く人も含めて、妊娠中の女性労働者への配慮がなされるよう、次の取組の促進に向けて協力いただくこと。

・妊娠中の女性労働者が休みやすい環境の整備
・感染リスクを減らす観点からのテレワークや時差通勤の積極的な活用の促進
・妊娠中の女性労働者も含めた従業員の集団感染の予防のための取組実施 など

※ 高齢者や基礎疾患がある方についても、これらの取組の促進に向けた協力を要請。

(別添1)職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について(経済団体宛)
(別添2)職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について(労働団体宛)

<参考>
○報道発表資料「『妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策』をとりまとめました。」

【報道発表資料「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について要請しました 」より|2020年4月1日・厚生労働省】


【編集部より】コロナウイルス対策の関連記事はこちら

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました