株式会社WorkVision「システム開発50年。老舗システムインテグレーターの挑戦 “日本一敷居の低い”目標管理システム 開発に込められた思いとは?」株式会社WorkVision「システム開発50年。老舗システムインテグレーターの挑戦 “日本一敷居の低い”目標管理システム 開発に込められた思いとは?」

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)が、インターネット上で作成可能に

2019.12.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は、「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」を12月2日から開始した。事前の申請や登録は不要で誰でも無料で利用できる。
【写真は「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」のHPより】

労働基準監督署へ提出する「定期健康診断結果報告書」や「産業医選任報告」など労働安全衛生関係法令の必要書類がインターネット上で作成できる。オンラインでの申請や届出はできないため、作成した帳票は印刷して所轄の労働基準監督署へ提出する必要がある。

同省によれば、同サービスは労働基準監督署へ提出する労働安全衛生関係法令の届出等におけるはじめての取組みだという。以下、リリースより。

「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」を開始します

本サービスは、事業者が労働安全衛生法関係の届出・申請等の帳票を作成・印刷する際に、(1)誤入力・未入力に対するエラーメッセージの表示(2)書類の添付漏れに対する注意喚起(3)過去の保存データを用いた入力の簡素化等を行うもので、事業者(帳票作成者)の利便性の向上を図ることなどを目的として開発したウェブサービスです。対象とする帳票は次のとおりです。また、事前申請や登録は不要です。

・運用開始日:令和元年12月2日(月)
・本サービスのURL: https://www.chohyo-shien.mhlw.go.jp/ 
 ※アクセス方法:検索窓口から「安全衛生 入力支援」と入力ください。
・本サービスの対象となる帳票

 1.総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告
 2.定期健康診断結果報告書
 3.心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書
 4.労働者死傷病報告(休業4日以上)

※1 本サービスは、申請や届出をオンライン化するものではありません。作成した帳票は、必ず印刷のうえ、所轄の労働基準監督署へのご提出をお願いします。
※2 本サービスで入力された情報は、インターネット上には保存されません。次回以降に活用される場合は、ご自身のパソコンに保存ください。

〇「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」は、こちらからご利用いただけます(12月2日から利用可能となります)。
リーフレット(労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)は、インターネット上で作成できるようになりました)

【報道発表資料「労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)は、12月2日からインターネット上で作成できるようになります」より|厚生労働省・2019年11月29日】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました