はたらく若者検定|JMAM 日本能率協会マネジメントセンターはたらく若者検定|JMAM 日本能率協会マネジメントセンター

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

ファーストキャリア調べ


20年卒内定者の傾向は『情報処理力で素早く変化に対応』 育成のポイントはチームでの「考える力」

2019.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーストキャリア(東京・渋谷)は11月、2020年3月卒内定者へのインタビューなどから導き出した、内定者の傾向と育成のポイントに関する調査レポートを発表した。

同調査によると、2020年卒の内定者は情報の収集と駆使に長けており、チーム・組織単位での「考える力・実行力」のアップデートが育成のポイントであるということが分かった。以下、リリースより。

2020年卒内定者は『パターン認識を駆使し、素早く変化を切り抜ける』

年間18,000⼈の新⼊社員研修を担当する株式会社ファーストキャリア(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:瀬⼾⼝航、以下「ファーストキャリア」)は、2020年3月卒内定者(35名)への個別インタビューや内定者同士のグループディスカッションをもとに「新卒・若手層育成研究所」調査レポートをまとめましたので、その内容をお知らせいたします。

2020年卒内定者は、学生生活・就職活動の時期から、既に「VUCA時代」を生きてきており、世の中にある情報・ネットワークを駆使し、その場・状況に最も適した行動を選択してきている。多様なものを取り入れること、そこに自分を適応させることについては前向きであり、変化を伴う成長に対しても意欲的である。

ただし、前例にとらわれすぎてしまうことで“枠”から抜け出し切れないことや、“今・現在”への意識が強いことから“先の未来・目標”を意志を持って考え切れない、という傾向も併せ持っている。

次年度に向けての育成のポイントは、「考える力・学ぶ力」をアップデートすることと、チーム・組織単位での「考える×実行」を経験をさせること、等が挙げられる。

2020年卒内定者の傾向と育成のポイント

近年の内定者傾向の変遷(弊社調査レポートより抜粋、加筆)

■新卒・若手育成研究所 所長 加藤 博司の見解

<時代背景、社会環境から生まれた「志向性、行動傾向」を十二分に活かす育成>

変化・スピード感の激しさについては、学生生活の中ですでに体感をしており、様々なITツールを駆使したり、多様なコミュニティと つながりを持つことで、情報収集力コミュニケーション力を高めてきていたように思われます。

ただ、見聞きする情報から“未来が不確 かである”ということを理解していたり、対面でのコミュニケーション機会の減少から“表面的な人間関係への慣れ”などから、“意志を 持って”「決めきらない / 踏み込み過ぎない」という傾向も併せ持つようにもなっているようです。

仕事は、決して“正解がある”ものばかりではありません。不確かな情報・状況の中においても、意志を持って決断をすることが求めら れる場面も多くあります。更に、これからの時代においては、“周囲との協同”が仕事を推進・創造をしていくことにもつながっていきます。

既存の社員の育成を含め、“企業・組織として何に取り組み、どのような変化を作っていくか”、内定者・新入社員の育成を通じて、 改めて議論・検討を行っていくべきであるとも言えます。

【プレリリース「2020年卒内定者は『パターン認識を駆使し、素早く変化を切り抜ける』~ 変化の激しい時代を、情報・ネットワークを上手く活用し、その場・状況に最も適した“適応”を選択する~」より|2019年11月・株式会社ファーストキャリア】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました