書籍紹介

メール、資料作成、会議…劇的に効率UP!


【新刊情報】『仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術』著:越川慎司

2019.09.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
  1. 仕事のムダをなくし、成果を上げる「時短」メソッドを全公開
  2. 著者・越川慎司氏から@人事読者へのメッセージ

仕事のムダをなくし、成果を上げる「時短」メソッドを全公開

@人事で連載中のコラム「働き方を選べる社会に」の執筆を担当する、株式会社キャスター・石倉秀明氏。同社執行役員の越川慎司氏による著書が、2019年8月29日に出版された。

タイトルは『仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術』。

「定時で帰れ」と指導される一方で「成果は上げろ」と言われる”働き方改革の矛盾”を打ち破るべく、同書では、仕事のムダをなくして成果を上げる39の「時短」メソッドを紹介する。528社16万人に対し1万8,798時間をかけて働き方改革を支援し、「週休3日」を実践する越川氏が、自身の経験をもとに得た学びをこの1冊に凝縮した。

以下では、著者の越川慎司氏より「@人事」読者に寄せていただいたコメントをご紹介する。

著者・越川慎司氏から@人事読者へのメッセージ

仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術
仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術
越川慎司 (著)
単行本
2019/8/29発売
日経BP社

働き方改革のジレンマを感じていませんか?経営陣からは残業削減しろと言われ、現場からは早く帰れるわけないと言われ、板挟みになっているのは人事担当の方でしょう。

そもそも働き方改革は手段であって目的ではありません。会社の成長と社員の幸せを両立させることを目指して、変化適応力を身に付けることが働き方改革の目的です。残念ながら、その変化適応力は空から降ってくることはなく、自らの行動変容によって得られるものです。

各社の人事担当の方々と、行動変容のPDCA実験を大規模に行ってみたのです。その事例と結果を紹介したのがこの書籍です。今回は勇気をもって失敗例も多く載せました。それは失敗から学ぶことの方が多いから。読者の方が同じ失敗を繰り返さないように。

私も人事担当でした。多くの人事担当者に行動する勇気を与えられるように情熱を込めて書き下ろしました。ぜひお手に取って頂ければと思います。

越川慎司 プロフィール

株式会社キャスター 執行役員 越川慎司氏株式会社クロスリバー 代表取締役社長
株式会社キャスター 執行役員
国内外の通信会社、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフトに入社。業務執行役員としてOffice事業部を統括、2017年にクロスリバーを設立し、週休3日で528社の働き方改革を支援してきた。働きがいを高めるワークショップを1.6万人に提供、受講者満足度は98%。著書に『新しい働き方』(講談社)、『働きアリからの脱出』(集英社)、『謝罪の極意』(小学館)。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました