特集

吉本社長のパワハラ発言、カネカの育休取得問題。あなたの会社のハラスメント対策は大丈夫?


特集「令和時代に必須! ハラスメント対策最前線」

2019.08.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉本興業の闇営業騒動で、社長のパワハラ発言が大きく注目された。2019年5月にパワハラ防止法が成立したが、まだまだ企業ではハラスメントへの意識が浸透していないのだろう。特に人事や労務担当者が少ない中小企業ではいまだ対策が進まず、「何がパワハラなるのかよく分からない」と悩みを抱える担当者も少なくない。

世間ではパワハラの他にもセクハラ、マタハラ、パタハラなどのニュースが飛び交う。どんな企業でも軽視できない問題だ。ハラスメント体質から脱却し、自社の社員をハラスメントの被害者・加害者にさせないためにはどうすればいいのか。弁護士や専門家に取材し、対策を紹介する。

目次
  1. 吉本社長発言はアウト!? パワハラ防止法を佐々木亮弁護士が徹底解説(上)
  2. パワハラと指導の違いとは? 佐々木亮弁護士が徹底解説(中)
  3. 中小企業でもできるハラスメント対策は? 佐々木亮弁護士が徹底解説(下)
  4. 離職防止に役立つ!ハラスメント相談窓口を外部委託する方法
  5. 「冷静と情熱のあいだ」で叱る上司はパワハラと言われない
  6. 「物言わぬ上司」から卒業し、パワハラを恐れず部下を育成する方法

吉本社長発言はアウト!? パワハラ防止法を佐々木亮弁護士が徹底解説(上)

佐々木弁護士記事(上)メーン

この夏、吉本興業社長の「パワハラ発言」が大批判を浴びている。2019年にハラスメント防止法が成立し、企業にはパワハラを防ぐための対策が新たに義務付けられた。経営者から「お前ら全員クビにする力がある」発言が出ないようにするために、企業の人事は今後どんな対策をとる必要があるのか。具体的にはこれまでと何が変わるのか、パワハラと認定される行動は何か。数々のパワハラ訴訟に携わってきた佐々木亮弁護士に、法律の詳細解説と企業が押さえておかなければならないポイントを聞いた。

記事はこちら
吉本社長発言はアウト!? パワハラ防止法を佐々木亮弁護士が徹底解説(上)

パワハラと指導の違いとは? 佐々木亮弁護士が徹底解説(中)

佐々木弁護士記事(中)メーン

大企業は2020年4月、中小企業は2022年4月から、パワハラをはじめとするハラスメント防止の対策が義務付けられる。気になるのは、日頃の指導とパワハラの線引きだ。パワハラ訴訟の第一人者の佐々木亮弁護士は「重要なのはパワハラが行われた背景と動機」と指摘する。具体例をもとにどんな背景が重要になるのか聞いた。

記事はこちら
パワハラと指導の違いとは? 佐々木亮弁護士が徹底解説(中)

中小企業でもできるハラスメント対策は? 佐々木亮弁護士が徹底解説(下)

佐々木弁護士記事(下)メーン

ハラスメント防止法が成立し、大企業が2020年4月、中小企業は2022年4月からパワハラを含むハラスメント防止の具体的な対策が必要となる。「すでに働き方改革への対応で手一杯!」という現場も多い中小企業はどんな対策をすればいいのか? 炎上したカネカのパタハラ問題も例に、パワハラ訴訟のスペシャリスト・佐々木亮弁護士に人事・経営者が取り組むべき具体策を聞いた。

記事はこちら
中小企業でもできるハラスメント対策は? 佐々木亮弁護士が徹底解説(下)

離職防止に役立つ!ハラスメント相談窓口を外部委託する方法

離職防止に役立つ!ハラスメント相談窓口を外部委託する方法 アイキャッチ

「ハラスメントの相談窓口は、事案が起きてから設置すればいいかな」と思っている経営者や人事担当者へ。その考えは少し危険かもしれません。

今はSNSを通じてパワハラやセクハラ事案が拡散される時代です。企業に批判が集まり株価が下がるケースが多発しており、何かが起きる前に対策をしないと企業側の損害が生まれる恐れがあります。
今回はハラスメントの相談窓口や研修のアウトソーシングサービス「Re:fine」を展開するGLOBALMODE株式会社(東京・港区)に取材。「Re:fine」の伊藤真美代表に近年のハラスメント対策事情、社内相談窓口の注意点、窓口を外部委託する際のフローやハラスメント対策の極意を聞きました。

記事はこちら
離職防止に役立つ!ハラスメント相談窓口を外部委託する方法

「冷静と情熱のあいだ」で叱る上司はパワハラと言われない

「社員を成長させる叱り方」アイキャッチ

パワハラ防止法が成立し、2020年4月から企業に防止義務が課されることになった。パワハラ問題が世間を騒がせる中、「若い社員を叱れない時代になった」とボヤいていないだろうか。

「叱ってパワハラと言われたくない」と上司がひるむ一方で、叱られないことに慣れた若手社員はモンスター化することも……。だが、叱ることにNGを突きつけられたわけではなく、管理職層はパワハラにならない指導法を身に付けなければならない。
今回は、ビジネスコミュニケーションに関する研修を行う話力総合研究所の秋田義一理事長に、これからの時代に覚えておくべき叱り方のポイントと社員を成長させる効果的な叱り方のコツを聞いた。

記事はこちら
「冷静と情熱のあいだ」で叱る上司はパワハラと言われない

「物言わぬ上司」から卒業し、パワハラを恐れず部下を育成する方法

「物言わぬ上司」から卒業し、パワハラを恐れず部下を育成する方法 アイキャッチ

パワハラ防止法が成立し、2020年4月からは大企業でパワハラ対策が義務付けられる(中小企業の義務付けは22年4月以降になる見通し)。

対策の副作用として生まれるのが、「これもパワハラ?あれもパワハラ?」と考えて部下に何も言えなくなる「物言わぬ上司」問題だ。上司がパワハラのリスクなく部下を育成するにはどうすればいいのか。

人事コンサルティング会社「アチーブメントHRソリューションズ」(東京・港区)代表取締役社長の青木仁志さんが、マネジメント論や心理学の視点から具体的な解決策を語った。

記事はこちら
「物言わぬ上司」から卒業し、パワハラを恐れず部下を育成する方法

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました