プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


8月1日から雇用保険の基本手当日額が変更。60~75円の引き上げ

2019.08.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は7月31日に、雇用保険の「基本手当日額」を8月1日(木)から変更すると発表した。2018年度の平均給与額が2017年度と比較して0.89%上昇したことを受け、基本手当日額の最高額を60~75円引き上げる。以下、報道発表資料より。

基本給与額の上昇に伴い、雇用保険の基本手当日額を変更

雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活を心配することなく再就職活動できるよう支給するものです。「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。
今回の変更は、平成30年度の平均給与額が平成29年度と比べて約0.89%上昇したことに伴うものです。なお、平均給与額については、「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与の平均額(再集計値として公表されているもの)を用いています。具体的な変更内容は以下のとおりです。

【具体的な変更内容】

1 基本手当日額の最高額の引上げ

基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。
1. 60歳以上65歳未満
     7,087円 → 7,150円(+63円)
2. 45歳以上60歳未満
    8,260円 → 8,335円(+75円)
3. 30歳以上45歳未満
    7,505円 → 7,570円(+65円)
4. 30歳未満
    6,755円 → 6,815円(+60円)

 2 基本手当日額の最低額の引上げ

    1,984円 → 2,000円(+16円)
変更の詳細については別添資料をご覧ください。

別添資料「賃金日額等の改正前後の金額について」[PDF形式:925KB]

【報道発表資料「雇用保険の基本手当日額の変更」より|2019年7月31日・厚生労働省】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました