プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

キャスター調べ


リモートワークの導入で「作業スピード向上」約6割 運動不足などの課題も

2019.07.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在700名以上でリモートワーク(テレワーク、以下リモートワーク)を行うキャスター(東京・渋谷)は、7月17日、自社で働くメンバーを対象に実施した、リモートワークによる働き方と生活の変化に関する意識調査の結果を発表した。

同調査によると、業務面において作業スピードが速くなったという回答が過半数を超える結果となった、以下、リリースより。

※参考:テレワーク「場所がない問題」。未来型電話ボックスが解決

調査結果の概要

株式会社キャスターは、リモートワークを全社で採用しています。そのため約7割の人が当社で働き始めた理由を「リモートワークがしたかったから」と回答しています。このような状況を踏まえ、本調査結果においてもリモートワークという働き方に対して便利、効率的、満足しているという結果が目立ちました。

本調査対象者全員に、出勤を前提とした働き方とリモートワークの比較について尋ねたところ、業務面においてスピードが速くなったという回答が過半数を越える結果となりました。
生活面では、運動量が減った、服を買う頻度が減ったというリモートワークならではの回答が目立っています。家族との関係に関しては、良くなったという回答が悪くなったという回答を大幅に上回る結果となりました。

1.今の働き方になって、仕事面で変わったことはなんですか?

・仕事の作業スピードが早くなった 57.9%
・不明点を相談するタイミングが早くなった 58.3%
・勤務(残業)時間が減った 50.9% 
・まずやってみる・自ら動く体質になった 59.7%

2.今の働き方になって、生活面で変わったことはなんですか?

・運動量が減った 82.3%
・服を買う頻度が減った 60.1%
・新しいことにチャレンジするようになった 48.1%

3.リモートワークを始める前と比較し、家族との関係に変化はありますか?

・とても良くなった、やや良くなった 47.4%
・やや悪くなった、とても悪くなった 1.5%

調査詳細

1.仕事面での変化について

57.9%が仕事の作業スピードが早くなったと回答、58.3%が不明点を相談するタイミングが早くなったと回答、50.9%が勤務(残業)時間が減ったと回答、59.7%がまずやってみる・自ら動く体質になったと回答しました。

この点から、リモートワークは、より効率的に働ける環境であると言えます。

リモートワーク導入により、仕事の作業スピードが早くなったかどうか

リモートワーク導入により、不明点を相談するのが早くなったかどうか

リモートワーク導入により、勤務(残業)時間が減ったかどうか

リモートワーク導入により、「まずやってみる」「自ら動く体質になった」かどうか

2.生活面での変化について

今の働き方になって、生活面で変わったことについて聞いたところ、82.3%が運動量が減ったと回答。60.1%が服を買う頻度が減ったと回答しました。

これは、リモートワークならではの、「自宅にて仕事をする」という性質を顕著に表した結果であると言えます。

また、48.1%が新しいことにチャレンジするようになったと回答しています。通勤時間がない分、時間にも精神的にもゆとりが生まれたことから複業やこれまでやりたくても諦めていたこと、地域活動などにチャレンジするようになったという回答もありました。

リモートワーク導入により、運動量が減ったかどうか

リモートワーク導入により、服を買う頻度が減ったかどうか

リモートワーク導入により、新しいことにチャレンジするようになったかどうか

3.家族との関係の変化について

リモートワークを始める前と比較し、家族との関係に変化はありますか?という質問に対し、とても良くなった、やや良くなったと答えた人が47.4%、やや悪くなった、とても悪くなったと答えた人は1.5%でした。

このことから、リモートワークを選択することで家族との関係に好影響を与えていることが分かります。

リモートワーク導入により、家族との関係に変化があったかどうか

4.リモートワークあるある

「あなたのリモートワークあるあるについて教えてください。」という質問では、リモートワークならではのメリットとしては、周囲の煩わしい会話に気をとられたり、業務外の雑務に時間を取られることがなくなったため、集中力が高まるという意見が目立ちました。

自宅で仕事ができることについては、時間を自由に使いやすい、休憩中など隙間時間に家事をすませることができるというメリットがあると同時に、オン・オフの切り替えが難しいというデメリットもあるようです。リモートワーク=楽な仕事と思われるという世間のイメージも感じられる結果となりました。

1)働き方編

・WEB会議の時、上の洋服はきちんとしているが、下は部屋着
・休憩時間に家事
・一歩も外に出ない日がある
・WEB会議中に限って廃品回収の車や飛行機の騒音

2)プライベート編

・ノーメイクで仕事
・独り言が増えた
・たまにちゃんとした靴を履くとすぐ靴擦れ
・在宅で仕事をしていると言うと楽だと思われる

調査概要

・調査名:「働き方に関するアンケート」
・調査対象:キャスターで働く国内外のメンバー(業務委託を含む)
・調査時期:2019年7月1日(月)〜7月5日(金)
・調査方法:インターネット調査Webアンケート
・有効回答数:283名分

【プレスリリース「『リモートワーク(テレワーク)による働き方と生活の変化に関する意識調査』〜株式会社キャスターでは、リモートワークにより約60%が作業スピード向上を実感、45%以上が家族との関係が良好に。生活面では運動不足などの課題も〜」より|2019年7月17日|株式会社キャスター】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました