【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

企画

人事必見!現役大学生による就活日記


理系大学院生の僕が、中小企業の「説明会」に求める2つのポイント

2019.07.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。東京理科大学大学院の修士2年のイナバ(ペンネーム)です。先日、長期インターンに参加した企業から内定をいただき、無事就活を終わらせることができました。

自分自身の就活を振り返り、今回は、学生が中小企業に求める「説明会」のポイントについて書きたいと思います。

目次
  1. 学生が「大手志向」である理由
  2. 中小企業の説明会に求める2つのポイント
  3. 説明会次第で、大手志向の学生を獲得できる可能性も

学生が「大手志向」である理由

就職先を選ぶ際、大手志向である学生は多いです。その理由として、学生側に「大手の方が待遇が良い」というイメージがあることや、中小だと事業の安定性に不安があり「中小企業に勤め始めてすぐに会社が倒産してしまわないか」と心配してしまう……といったことが挙げられると思います。

私自身も、最終的には大手企業に就職を決めました。その理由として、上記の2つ以外に、内定先会社では幅広い分野の事業を取り扱っており、その中に「脳科学」といった最先端の分野も含まれていることが大きかったです。

私は、メーカーでモノづくりに関わる仕事をしたいと考えながら就活を行ってきました。会社にとって、ハードを作るには多大な投資が必要なため、資金力がなければ新事業の立ち上げは難しいです。そのため、大手企業でなければ、最先端の分野のモノづくりは経験できないのではないかと考えたからです。

しかし中小企業には、その事業規模でなければ経験できないことや、大手で働くよりも裁量権を持って仕事ができるという側面もあると思います。特に理系学生は「スキル」重視で会社選びをする傾向がある(※)ので、そういった点を具体的に伝えてもらえれば、興味を持つ学生も少なくないはずです。

※参考:「時間がない」「スキル重視」の理系学生が企業に求める2つのポイント

中小企業の説明会に求める2つのポイント

僕自身の就活経験を基に、中小企業の「説明会」に求めるポイントを挙げていきます。

1.在籍年数に応じた

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

執筆者紹介

ペンネーム:イナバ 東京理科大学大学院の修士1年生。ものづくりに興味があり、学部、修士課程ともに機械工を選ぶ。学部2年のときに短期の語学研修へ行く。現在の研究は航空機エンジン燃焼器における燃焼不安定の事前検知。趣味は友人とドライブへ行くこと。※情報は2019年3月時点のもの。

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました