プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

カーマンライン


日本初!? ボスのシェアサービスを紹介する情報サイト「SHARE-BOSS (シェアボス)」がオープン

2019.06.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーマンライン(東京・渋谷)は5月31日に優秀なビジネスリーダーの情報シェアサイト「SHARE-BOSS (シェアボス)」をリリースしたことを発表した。

シェアボスのサービス内容は、IT企業の経営者や執行役員、事業部長級ハイクラス人材とユーザーのビジネスを繋げる。登録されているさまざま「ボス」とのインバウンドでの商談や、直接相談する機会を手数料無料・中間マージゼロで提供している。

今回のサイトオープンは、ユーザーがビジネスパートナーの発見や相談をさらにしやすくなるようにするのが狙い。以下、リリースより。

SHARE-BOSS : http://shareboss.net/

BOSS アプリ

ファインダビリティの問題を解決

残業の上限規制や副業の緩和を受け、ビジネスマンの働き方が大きく変わろうとしています。

一方で、そのような人材を活用しようとする側にとっては「どこに、どんな人材がいるのか」という情報が圧倒的に不足しているのが現状です。

また、副業・兼業をする側にとってみると、自身の状況や強みなどをアピールする場所がなく、結果的に知人同士や縁故を中心とした狭く限定的なネットワークの中でしか存在が認知されていません。

シェアボスは、このような状況を「ファインダビリティ (=見つけやすさ)」の問題 と捉え、改善することを目的に、代表である直人が個人的な趣味として運営しています。

シェアボスには、インターネットの公開情報を元に、公開情報を元にまとめサイトのノリで作られた客観的な「プロフィール」と、掲載されているビジネスパーソン本人の許諾と情報提供を元に作られた「セールスシート」という2種類のコンテンツで構成されます (セールスシートは2019年夏リリース予定)。

また、掲載されているビジネスパーソンの一部には仕事の相談をすることができます。紹介料や仕事が成立した場合の中間マージン等は一切かかりません。掲載されているビジネスパーソンの中には複業ではなく、本業に貢献するために情報を掲載している方も多いです。

相談者の情報開示が必要

厚生労働省が示した「モデル就業規則」に配慮し、情報漏えいや所属企業の利益の毀損を防ぐため、事前に相談者の所属企業や相談内容を明記してもらい、相談に応じるかどうかの判断は個別に行う方式を採っています。

参考 : 厚生労働省 モデル就業規則 (2019年3月)

(副業・兼業)
第68条  労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。
2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。
3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。
① 労務提供上の支障がある場合
② 企業秘密が漏洩する場合
③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
④ 競業により、企業の利益を害する場合

シェアボスでは、今後も「個の可能性を最大化し、なめらかな社会を実現する」ことを目指し、様々なサービスを展開していく予定です。

【プレリリース「日本初、ボスのシェアリング「SHARE-BOSS (シェアボス)」正式リリース」より|2019年05月31日・カーマンライン株式会社】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました