人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

ビジネスメール実態調査2019(日本ビジネスメール協会調べ)


ビジネスメールの1日平均送信は11.59通、受信は38.07通。部長クラスの送受信数が最多

2019.06.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ビジネスメール協会(東京・千代田)は5月31日、「ビジネスメール調査2019」の結果を発表した。同調査によると1日平均は送信メール数は「11.59通」、受信メール数「38.07通」だったほか、役職別では「部長クラス」の送受信数が最多だったことがわかった。以下、リリースより抜粋して紹介。

調査の概要

調査目的:仕事におけるメールの利用実態と課題を把握 調査対象 仕事でメールを使っている人
調査期間: 2019年3月27日から2019年4月26日
調査方法:インターネット回答方式
調査実施機関:株式会社アイ・コミュニケーション
有効回答数:3,499

ビジネスメール実態調査2019の総評

仕事で使っている主なコミュニケーション手段の第1位は「メール」(97.46%)

仕事で周囲とコミュニケーションをとる主な手段は「メール」(97.46%)が最も多く、「電話」(86.91%)、「会う」(66.30%)と続きます。「メール」「電話」「会う」の3つが仕事では主要なコミュニケーション手段だといえ、この並び順は2011年から変わりません。「会う」は2018年の68.87%から2.57ポイント減りました。コミュニケーション手段が多様化し、「テレビ会議・ウェブ会議」(25.92%)、「チャット」(23.92%)、「ソーシャルメディア」(15.78%)、「グループウェア」(13.18%)などの存在感が増しています。

スマートフォン(iPhoneなど)の利用が5割を超える

仕事でメールの送受信に利用している主な機器は「パソコン」(95.77%)が最も多く、「スマートフォン(iPhoneなど)」(53.79%)と続きます。「スマートフォン(iPhoneなど)」の利用者が5割を超え、ノートパソコンの利用も考慮すると外出先でメールを見ることのできる人がそれ以上いるといえます。

1日平均は送信「11.59通」、受信「38.07通」「部長クラス」の送受信数が最多残業が多いと感じている人は、感じていない人よりも送受信数が多い

仕事で1日に送信するメールの平均は「11.59通」、受信するメールの平均は「38.07通」です。送信数よりも受信数のほうが多い傾向にあります。役職別では、「部長クラス」が送信数、受信数ともに最も多く、「課長クラス」が続きます。「部長クラス」「課長クラス」は、組織の中間に位置するため関わる人も多く、メールの数が増えていると考えられます。残業が多いと感じることがある人のほうが、残業が多いと感じることがない人よりも、送信と受信ともに1日の平均は多いという結果が出ました。残業が多いと感じることは「よくある」人は、送信(14.09通)、受信(56.95通)ともに最も多く、メールの多さが残業の理由になっている可能性があります。メール処理の効率化は課題といえます。

メールを1通書くのにかかる平均時間は「5分」(33.81%)が最多。全体の平均時間は5分27秒

メールを1通書くのにかかる平均時間は「5分」(33.81%)が最も多く、返信時間の一つの目安となります。「1分」(6.26%)、「2分」(10.35%)、「3分」(22.06%)、「4分」(2.52%)、「5分」(33.81%)の合計が75.00%で、7割を超える人が1通あたり5分以内で書いていることが分かりました。10分以内の合計は93.48%で、10分を超えると時間をかけすぎているといえます。全体の平均時間は5分27秒です。

7割を超える人が自分のメールに不安を抱いている

自分のメールに不安を抱くことが「よくある」(20.12%)と「たまにある」(53.24%)の合計が73.36%で、7割を超える人が、自分のメールに対して何かしらの不安を抱いていることが分かりました。

自分がした失敗の第1位は「添付ファイルの付け忘れ」(45.45%)。半数の人が失敗を指摘されていない

自分がした失敗の第1位は「添付ファイルの付け忘れ」(45.45%)で、「誤字や脱字」(34.27%)、「必要な情報が足りない」(27.00%)、「内容の間違い」(19.89%)、「宛名の間違い」(19.65%)、「メールの返信が遅い」(14.94%)、「書きかけで送信」(13.74%)、「件名の間違い」(13.10%)、「メールの返信を忘れた」(13.10%)、「件名がない」(12.70%)が上位10項目です。自分でも気付きやすく、相手も指摘しやすい明らかな間違いが上位を占めています。自分の失敗を指摘されたことが「よくある」(4.55%)と「たまにある」(45.93%)の合計が50.48%で、半数の人が失敗を指摘されたことがあると答えています。一方、「ほとんどない」(42.73%)と「まったくない」(6.79%)の合計が49.52%で、半数近い人が失敗しても指摘をされていません。

3割を超える人が仕事でメールを受け取り、不快に感じたことがある。不快に感じた内容の第1 位は「必要な情報が足りない」( 38.39%)

過去一年間に仕事でメールを受け取り、不快に感じたことが「よくある」(2.72%)と「たまにある」 (33.10%)の合計が 35.82% で、 3割を超える人が不快に感じたことがあると分かりました。年別では年々、不快に感じることがある人は減少傾向にあります。不快に感じた内容の第1位は「必要な情報が足りない」( 38.39% )で、「質問に答えていない」( 36.71%)、「文章が失礼」(27.21%)、「文章が攻撃的」 (27.13%)、「無駄な情報が多い」( 27.06%)、「文章が曖昧」( 23.94%)、「メールが読みづらい」 (23.22%)、「文章が冷たい」 (19.15%)、「内容の間違い」 (15.72%)、「誤字や脱字」(15.16%)が上位10項目です。文章にまつわるものが上位を占めています。メールの機能を学習するだけは不快感をなくすことができません。メール特有のライティングスキルを身につける必要があります。

調査結果の詳細はこちら

【プレスリリース「『ビジネスメール実態調査2019」発表」より|2019年5月31日・一般社団法人日本ビジネスメール協会】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました