【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

atta調べ


働き方改革による「有給取得義務化」 新社会人の76.7%が認知

2019.05.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

atta (東京・荒川)は5月14日、2019年度の新社会人を対象に実施した、働き方改革関連法による年次有給休暇取得に関する調査の結果を発表。

同調査によると、新社会人の76.7%が「有給取得義務化」について認知していることが分かった。さらに有給の使い道については、84.3%が「旅行に行きたい」と回答していることが明らかになった。以下、リリースより。

調査結果サマリー

◇新社会人のうち76.7%は働き方改革関連方で年次有給休暇取得が義務化になったことを認知
◇新社会人の84.3%が有給休暇を使い旅行に行きたいと回答(社会人は78.1%)
◇希望する旅先は国内旅行が70%以上で1位、次いで日本近隣の東アジア諸国がランクイン
◇有給休暇を利用して旅行に行きたい時期は、9〜10月約48%を占め1位
◇希望する旅の日数は3日間が最多、予算は6〜10万円が約30%を占める

rs_ata_1_190515.jpgrs_ata_2_190515.jpgrs_ata_3_190515.jpgrs_ata_4_190515.jpgrs_ata_5_190515.jpg rs_ata_7_190515.jpgrs_ata_6_190515.jpg

株式会社atta代表の春山は、「新社会人がより海外旅行に関心がある点は予想外だった。今後は有給休暇の使い方のひとつの選択肢として、快適で楽しい旅行体験を提供できるサービスを展開していきたい。」とコメントしております。

調査概要

働き方改革関連法による年次有給休暇取得、およびそれをつかった旅行意識調査
■対象:全国の21〜27歳男女の新社会人300名および社会人306名
■調査日:2019年4月25〜27日

【プレスリリース「働き方改革関連法による年次有給休暇取得義務化に関して、新社会人へ認知率とその使い方について調査を実施。約77%が認知、その内85%が有給休暇を使って旅行を希望。」(PR TIMES)より|2019年5月14日・株式会社atta】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました