【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


平成30年度は労働基準関係法令違反を5,714事業場で確認。そのうち3割が是正勧告を受ける

2019.05.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は4月25日に、昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果を公表した。
労働基準関係法令の違反が疑われる8,494事業場のうち、6割の事業場で法令違反を確認し、そのうち3割が是正に向けた指導を受けたことが分かった。以下、報道発表資料より。

法令違反があった2,802事業場へ是正勧告書を交付

今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場などを含め、労働基準関係法令の違反が疑われる8,494事業場に対して集中的に実施したものです。

その結果、5,714事業場(全体の67.3%)で労働基準関係法令違反を確認し、そのうち2,802事業場(33.0%)で違法な時間外労働が認められたため、それらの事業場に対して、是正に向けた指導を行いました。
厚生労働省では今後も、長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行っていきます。

【重点監督結果のポイント】

(1)監督指導の実施事業場:8,494事業場

このうち、5,714事業場(全体の67.3%)で労働基準関係法令違反あり。

(2)主な違反内容[(1)のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]

ア 違法な時間外労働があったもの:2,802事業場(33.0%)

うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
月80時間を超えるもの:   1,427事業場(50.9%)
うち、月100時間を超えるもの:868事業場(31.0%)
うち、月150時間を超えるもの:176事業場(6.3%)
うち、月200時間を超えるもの:34事業場(1.2%)

イ 賃金不払残業があったもの:463事業場(5.5%)
ウ 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:948事業場(11.2%)

(3)主な健康障害防止に係る指導の状況[(1)のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]

ア 過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:4,932事業場(58.1%)

うち、時間外・休日労働を月80時間※以内に削減するよう指導したもの:2,216事業場(44.9%)

イ 労働時間の把握方法が不適正なため指導したもの:1,362事業場(16.0%)

※脳・心臓疾患の発症前1か月間におおむね100時間または発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外・休日労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いとの医学的知見があるため。

【報道発表資料「平成30年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表」より|2019年4月25日・厚生労働省】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました