入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

DYM調べ


2020年卒の就活生、一番の悩みは「自分に適する企業がわからないこと」

2019.04.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DYMは、2020年卒の就職活動中の男女学生を対象に行った「就職活動に関する調査」の調査結果を発表した。

同調査によると、現在の就活生の悩みの1位は「自分に適している企業はどこか」わからないことで、多くの就活生が企業選びに苦労しているということが分かった。以下、リリースより。

今の一番の悩みは「自分に適する企業がわからないこと」

就活で困っていること

本調査は、経団連が昨年10月に発表した、いわゆる“就活ルール廃止”適用前の最後の就活生となる2020年3月卒業予定の現在就職活動中の大学生・大学院生を対象に実施しました。

2020年卒の就活生は、3月1日に多くの企業の採用情報が公開されてから本格的な就職活動時期に突入しました。すでに企業へのエントリー受付が開始されている時期にも関わらず、現在の就活生の悩みの断トツ1位は「自分に適している企業はどこか」わからないことで、多くの就活生が就活序盤での企業選びに苦労していることがうかがえます。

最新就活トレンドは、複数のエージェントを利用し適職判断

就職エージェントへの登録数

就職エージェントへの利用に関しての設問に対しては、回答数633名のうち98%がすでに登録しており、そのうちの70%以上が複数の就職エージェントに登録していることが分かりました。このことからも、就職エージェントの利用は今や就活生の常識になっていると考えられ、需要の高まりがうかがえる結果となっています。

「就職エージェントの利用メリット」としては、「企業情報が収集しやすい」ことが最も多く、自分に適した企業がわからないという就活生の悩みを解決するサービスとして受け入れられていることがうかがえます(複数回答)。また、就職エージェント選びで重視することは、「無料」が最も多く、「選考フローの早さ」「非公開の求人がある」ことなどサービスの充実度に次いで、「専属リクルーターの有無」も重要度が高い傾向にあります(複数回答)。

就活エージェントのメリット

これらの回答からも、就活ルールが変わり不安が募る就活において、新しいサービスとして定着しつつある、就職エージェントのコンサルタントサービスへの期待の高まりが見て取れます。

就職エージェントは、学生が自分では気がつかない適性の確認や多角的な情報収集などを、専任のコンサルタントと二人三脚で行うことができる最新の就活サービスとして広まっています。

調査概要

調査タイトル:就職活動アンケート
調査対象  :株式会社DYM主催の新卒紹介イベント『Meets Company』に参加した就職活動中の現役学生男女
調査期間  :2019年2月27日~2019年3月31日
調査方法  :アンケート用紙による調査
調査地域  : 東京
提出数   :884サンプル
実施機関  :株式会社DYM

【プレスリリース『<2020卒 就活生アンケート>一番の悩みは「自分に適する企業がわからないこと」複数のエージェントから企業情報を収集し、失敗への不安を解消する傾向に』(PR TIMES)より|2019年4月24日・株式会社DYM】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました