【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

特集

「採用の流儀」まとめ


人事・採用担当者必見! 有名企業・成長企業が実践する「採用の流儀」とは?

2019.04.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功している企業には揺るがない採用戦略がある。その採用戦略を紐解いていくと、企業独自の採用に対する考え、手法が見えてくる。

内定辞退率や3年以内の離職率が低いのはなぜか。トップが全社員に号令をかけ、採用へ貢献した社員を評価する理由は。採用担当者に求める資質とはどんなものか。
サイバーエージェント、ヤフー、アイリスオーヤマ……。採用で成功している企業の人事が語った、独自の採用戦略(流儀)を振り返る。

目次
  1. 内定受諾率を驚異的にアップさせたサイバーエージェントの採用戦略
  2. 人事採用のポイントは「ポテンシャル」。~採用の流儀「ヤフー」編
  3. 会社のイメージを正しく伝える、ユニクロの採用手法とは?
  4. 新卒採用のキャッチフレーズ 「打倒、博報堂」の真意は?
  5. 今年の新卒採用のメッセージ「どう挑む」の真意とは?
  6. 「自分の可能性を拡張できる会社」アイリスオーヤマの採用戦略とは
  7. オッサンも変わる。ニッポンも変わる。「第四新卒採用」と進化する老舗
  8. 採用難のIT業界から生まれた秘策、VRゲーム「0次選考」のすべて

内定受諾率を驚異的にアップさせたサイバーエージェントの採用戦略

内定受諾率を驚異的にアップさせたサイバーエージェントの採用戦略 アイキャッチ

大手企業の選考が後ろ倒しとなった影響で、16卒採用では内定辞退に苦しむ企業の声も多かった。そんな中、サイバーエージェントでは「内定者数を絞ることで、内定受諾率を90%に上げる」という驚くべき戦略を取っていた。人事本部の新卒採用責任者として大胆な改革を行った同社人事本部の渡邊大介氏に、その詳細を伺った。

続きはこちらから>>内定受諾率を驚異的にアップさせたサイバーエージェントの採用戦略 (2015年11月公開)

人事採用のポイントは「ポテンシャル」。~採用の流儀「ヤフー」編

人事採用のポイントは「ポテンシャル」。~採用の流儀「ヤフー」編 アイキャッチ

離職率が激しいと言われるIT企業でありながら、「3年以内の新卒離職率2.5%」という驚異的な低さを誇るヤフー。”社員の才能と情熱を解き放つ”人財育成で注目を浴びる同社だが、その入り口である「採用」ではどのような手法が用いられているのだろうか。同社人財採用部の部長・金谷俊樹氏と竹内綾氏に話を伺った。

続きはこちらから>>人事採用のポイントは「ポテンシャル」。~採用の流儀「ヤフー」編 (2015年11月公開)※会員限定記事

会社のイメージを正しく伝える、ユニクロの採用手法とは?

会社のイメージを正しく伝える、ユニクロの採用手法とは? アイキャッチ

「2020年に売上高5兆円」――。カジュアル衣料品「ユニクロ」など8ブランドを展開するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が公言する目標だ。現在17の国と地域に3,000店舗以上を展開する同社では、この目標の実現に向けて、海外出店計画を加速させている。同時に国内店舗でも、過去の画一的な運営からの脱却が求められている。グローバル展開と地域密着を同時に進める同社の新卒採用手法を、グループ全体の採用を統括する人事部部長の中西一統氏に聞いた。

続きはこちらから>>会社のイメージを正しく伝える、ユニクロの採用手法とは? (2016年4月公開)※会員限定記事

新卒採用のキャッチフレーズ 「打倒、博報堂」の真意は?

新卒採用のキャッチフレーズ 「打倒、博報堂」の真意は? アイキャッチ

頭脳が商品と言っても過言ではないだろう。広告業界の大手が求める人材とは、どのような人材だろう。人材を求める方法においてもユニークなアイディア満載である。企業を活性させ、成長させる頭脳と行動力を持った人間の見極め方を今年の募集キャッチフレーズから紐解く。

総合広告会社の博報堂と総合メディア事業会社の博報堂DYメディアパートナーズが2013年に発表した合同ビジョン「未来を発明する会社へ。Inventing the future with sei-katsu-sha 」において、広告会社を取り巻く環境が変化する中、従来の広告業に加えて、さまざまな商品やサービス、事業やメディアを「つくる」会社になると宣言した。人材採用に影響があったのか。
新卒採用のキャッチフレーズに込められた想いとともに、合同採用をしている博報堂と博報堂DYメディアパートナーズの人事局人事部を兼務しているマネジメントプラニングスーパーバイザー朝妻太郎氏に採用に際して大切にしていることを聞いた。

続きはこちらから>>新卒採用のキャッチフレーズ 「打倒、博報堂」の真意は? (2016年12月公開)※会員限定記事

今年の新卒採用のメッセージ「どう挑む」の真意とは?

今年の新卒採用のメッセージ「どう挑む」の真意とは? アイキャッチ

アイリスオーヤマは2017年卒採用から、新卒採用の選考方法を一新した。前年までのスタンダードコース(営業・事務)商品開発コース(技術系)という2通りの募集コースに加え、さらに5つ増設。新たな人材獲得へ挑んだ。この挑戦はどのような結果を生んだのか。選考では最終面接官を務める人事部統括マネージャーの倉茂基一氏に話を聞いた。

続きはこちらから>>今年の新卒採用のメッセージ「どう挑む」の真意とは? (2016年12月公開)

「自分の可能性を拡張できる会社」アイリスオーヤマの採用戦略とは

採用の流儀「アイリスオーヤマ編」アイキャッチ

前回のインタビューでは2017年新卒採用のキャッチフレーズ「どう挑む」から、アイリスオーヤマの採用戦略や選考方法について聞いた。「尖った強み」を求めて新たに募集コースを増やし、新たな人材獲得に成功した同社。採用した人材の活躍の場は国外へも開かれている。同社のグローバル戦略や、選考時に心がけていることなどを人事部統括マネージャーの倉茂基一氏に話を聞いた。

続きはこちらから>>「自分の可能性を拡張できる会社」アイリスオーヤマの採用戦略とは (2016年12月公開)※会員限定記事

オッサンも変わる。ニッポンも変わる。「第四新卒採用」と進化する老舗

オッサンも変わる。ニッポンも変わる。「第四新卒採用」と進化する老舗 アイキャッチ

「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」――。印象的なキャッチフレーズで話題を呼ぶ森下仁丹の「第四新卒採用」。同社社長の駒村純一氏も出演する、モノトーンの募集広告ムービーが話題を呼んでいる。創業120年を超える老舗企業が、この募集を行った背景には“会社がつぶれかけた危機感”があったという。その詳細を、経営企画部の磯部美季氏に聞いた。

続きはこちらから>>オッサンも変わる。ニッポンも変わる。「第四新卒採用」と進化する老舗 (2017年5月公開)※会員限定記事

採用難のIT業界から生まれた秘策、VRゲーム「0次選考」のすべて

アイキャッチ

売り手市場が続く採用市場の中で、とりわけ採用競争が激化しているのがITの分野だ。「企業が選ぶ時代」から「企業が選ばれる時代」に移り変わりつつある今、優秀な人材の獲得には、他社との差別化が必須となりつつある。

大阪府に本社を置くITベンチャー、フェンリル株式会社は、VR技術を活用したユニークなアプリ「0次選考」を製作し、新聞やウェブメディアをはじめ、多くのメディアに取り上げられています。フェンリル株式会社は、なぜ「VRアプリ」を活用した採用活動をはじめたのか? 企画者がその内幕を語る。

続きはこちらから>>採用難のIT業界から生まれた秘策、VRゲーム「0次選考」のすべて (2018年4月公開)

【関連特集】超急成長企業の採用戦略(2019年4月~)

※記載情報はすべて各記事の取材時点

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました