企画

会員限定

人事必見!現役大学生による就活日記


学生はここで判断する! 企業の印象を左右する3つのポイント

2019.03.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、亀山です。今回は、私たち学生が企業を見極める際のポイントについて書いていきたいと思います。

3月1日の就活解禁を迎え、人事担当者の方が学生と接する機会は増えているはずです。学生が企業をどんな視点で見ているか? その一例として参考にしていただければ幸いです。

※前回記事:アイデンティティは「町工場の息子」 現役早大生のリアルな就活事情

※就活日記シリーズ一覧はこちら

目次
  1. 面談で学生を30分以上待たせた人事担当者
  2. 企業の印象を左右する3つのポイント
  3. 学生は人事担当者の一挙一動を見ている

面談で学生を30分以上待たせた人事担当者

最初に、私が出会った人事担当者の中で最も印象の悪かった方とのエピソードを紹介します。その人事担当者は、某メガバンクの方です(仮にそのメガバンクを「A社」とします)。

私は金融業界を志望していることもあり、先日紹介したキャリアアドバイザーにA社の人事担当者との面談を設定していただきました。面談が決まった後には、A社の中期経営計画を読み事業内容や今後の展開について予習しました。

面談日時は平日午後に1時間とのことだったので、当日は、大学から一旦帰宅しスーツに着替えて電車に乗り、A社の最寄り駅に面談予定の20分前には到着。10分前には受付に連絡しました。面談までの10分間では、A社の資料を確認しながら待っていました。

190322_01.jpg

約束の時間になり「そろそろかな」と思いましたが、面談の部屋には通されません。10分経ちました。「少し遅れたに違いない。そろそろか」。まだ部屋には通されません。20分経ち「日にちを間違えたかな」とカレンダーで日時を確認しました。

10分、20分と時間が経つにつれ、A社への期待や面談に対する不安は、怒りに変わっていきました。「学生相手だから約束を守らないで良い。そう考えているな。舐めている」。そう思い帰ろうとした瞬間、「お待たせ。○○銀行は時間も守れない会社だと思ったでしょう? ごめんなさいね」と部屋から社員さんが現れました。

彼が今回の面談相手です。結局、彼の話を聞きましたが、企業説明よりも自分自身の自慢話が多く、体系立った説明ではなかったため分かりにくかったです。また、面談の目的についても共有されず不信感が募りました。

この日ほど、金融機関系企業の説明会で聞く「この仕事は人で勝負できます」という言葉に皮肉を感じたことはありません。

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

執筆者紹介

ペンネーム:亀山 早稲田大学商学部の3年生。大学では、経済現象を分析するための数学・統計学を学ぶ。1,2年生の時には雑誌の広告枠を販売する法人営業に、3年生からはwebマーケティング業界で長期インターンに取り組む。企業選びの軸は「中小企業経営者を支える仕事であるか」。趣味は読書。特に小説や哲学書を読む。※情報は2019年3月時点のもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました