プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

パーソルキャリア調べ


転職サービス「DODA」、2019年2月の転職求人倍率は2.13倍と発表

2019.03.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2019年2月の転職求人倍率をまとめた「DODA転職求人倍率レポート」を、3月11日に発表した。

レポートによると、2月の転職求人倍率は前月と同じく2.13倍だったほか、求人の増加率で目立った業種は「技術系(化学・食品)」と「営業系」だと報告している。以下、リリースより。

2019年2月の概況

2019年2月の転職求人倍率は、前月と同じく2.13倍となりました。求人数は前月比102.4%、前年同月比103.7%となりました。転職希望者数は前月比102.4%、前年同月比123.1%だった

業種別にみると、「その他」を除く8業種のうち「金融」「サービス」「商社・流通」「IT・通信」「メーカー」「メディカル」の6業種で求人数が増加した。

求人の増加率が特に高かったのは、「金融」(前月比106.7%)、「サービス」(前月比104.3%)だった。
職種別では11職種のうち「技術系(化学・食品)」「営業系」「技術系(電気・機械)」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「クリエイティブ系」の7職種で求人数が増加した。

求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(化学・食品)」(前月比106.4%)、「営業系」(前月比104.8%)だった。

解説 ~求人数、転職希望者数ともに前月比で増加。転職希望者は、年度末に合わせて動きが活発に~

2月の求人数は、新年度に採用予定のポジションの募集を前倒しする企業が出始めたため増加し、2018年10月以来、4カ月ぶりに最高値を更新した。転職希望者数も年度末のタイミングで退職を考える人が多く、前月比で増加した。求人数と転職希望者数の増加幅が同じだったため、求人倍率は先月と同じ2.13倍となった。

2018年度の転職市場は、求人数の増加に比して、転職希望者の増加幅が大きかった影響で求人倍率は下降傾向だったが、実態は転職希望者にとって良い市況が続いた。実際の転職事例をみると、未経験職種へ転職ができたケース、年収が上がったケース、年収を維持したまま残業時間が減ったケースなど、希望通りの転職先に出会えた人が前年より増えている。2019年度は、経済状況がやや不透明ではあるものの、中途採用への期待が高い企業は多く求人数も多い状態が継続する見込み。(doda編集長 大浦 征也)

転職求人倍率・求人数・転職希望者数の推移

rs_doda1_190311

rs_doda2_190311

rs_doda3_190311

※dodaサイトでご覧いただける「doda転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しております。
※調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。

※ 転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、dodaエージェントサービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です。<算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数>

【プレスリリース「転職サービス『doda(デューダ)』2019年2月 転職求人倍率 2.13倍(前月比±0ポイント)~求人数は4カ月ぶりに最高値を更新、2019年度も転職市場は活況の見込み~」より|パーソルキャリア株式会社・2019年3月11日】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました