ニュース・トレンド

『職場の基礎代謝』著者・白井旬氏セミナー


組織の生産性向上を促す 働き方改革の新常識「職場の基礎代謝」とは

2019.01.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革が進む昨今、組織の生産性向上や残業時間の見直しに注目が集まっている。しかし、それらを実現するために新たな社内ツールや人事制度を導入するも、うまく機能せず期待した結果が出ないと悩むことはないだろうか。

その悩みを解決するものとして「職場の基礎代謝」という新しい概念がある。『生産性を高める職場の基礎代謝』の著者白井旬氏が、同書の内容を基にしたセミナーを開催。「職場の基礎代謝」の概念や、地方の中小企業でも簡単に取り組むことができる生産性向上のメソッドについて語った。

白井旬

「職場の基礎代謝(R)」専門家/特定非営利活動法人沖縄人財クラスタ研究会代表理事
https://www.human-okinawa.org/syokuba-kisotaisya/

190111_image01大学卒業後、大手旅行会社とITコンサル企業で7年ずつ業務を経験。その後、経済支援団体と地銀系シンクタンクを経て、2012年から現職。
現在は、慶應義塾大学大学院・特任教授の高橋俊介氏と連携し、官公庁としては全国初の認証制度である「沖縄県人材育成企業認証制度」の事務局長としても活躍中。
組織活性化コンサルタントとして「職場の基礎代謝(R)」の考え方をベースに、アンガーマネジメント、ドリームプラン・プレゼンテーション、レゴ(R)シリアスプレイ(R)メソッドなどを活用し、全国延べ1万人以上のリーダー人材育成や組織活性化支援に携わる。

「職場の基礎代謝」は「最新版にアップデートされたOS」である

著書のタイトルにもなっている「職場の基礎代謝」。白井氏は、これを「時代や価値観の変化に対応してアップデートされた新たなOS」と定義する。「パソコンのOSが古いままであれば、最新のアプリケーションはうまく作動しない。それと同じように、基礎となる価値や考えを今の時代に合ったものにアップデートしなければ、新たな人事制度や話題の研修を導入したとしても、良い結果は得られない」(白井氏)

職場の人事制度、社員が持つ知識・技術、社員同士の関係性などをアプリケーションの一つ一つとして捉えると、最新のOSが土台にあることで、それぞれのアプリケーションの機能を最大限に発揮できるというイメージだ。

昨今は特に、働き方改革やダイバーシティ政策などの推進によって働き手の価値観の変化が加速しているため、OSのアップデートが急務といえるだろう。

「能力」通りの「実力」を発揮することが重要

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

そして、職場の基礎代謝を上げるには、「能力」と「実力」の関係性を理解することが重要だという。能力とは「保有しているもの」、実力とは「発揮しているもの」。「ブルペンエース」を例に、これらの関係性について解説した。

ブルペンエースとは、 ブルペンでは素晴らしい投球をするにもかかわらず、実戦では良い投球ができない投手のことを指す。つまり、本来はエース級の「能力」を持っている選手が、実戦ではそれを下回る「実力」しか発揮できていない状態だ。

この原因の一つとして、実戦ならではの緊張感や不安といった精神的負荷が挙げられるが、職場でも同様の現象が起きているという。上司との人間関係がうまくいかない、机と椅子の高さが合わない、体調が悪い……。大小問わず、さまざまな要因に阻害されることにより、「感覚値として、多くの社員は『能力』の50%~70%程度の『実力』しか発揮できていないはずだ」と白井氏は言及する。つまり、いかに「能力」通りの「実力」を発揮できるかで、組織の生産力が変動する

さらに白井氏は、「人材育成=能力の向上」、「組織開発=実力の発揮」と定義した上で「組織としてのパフォーマンスを上げるなら、『人材育成』よりも『組織開発』に注力するべきだ」と提言する。

「能力」の最大値を100を110に引き上げるには、それ相応の時間や費用がかかる。それと比較すると、何らかの理由で発揮できていない「実力」を60から70、80と引き上げていく方が容易だ。また、人材育成によって「能力」の最大値が110に上昇したとしても、職場でその「能力」を最大限に発揮できなければ意味がない。そのため「実力」の向上、つまりは組織開発に目を向けるべきだという。

「不」の解消が生産性向上につながる

では、どうすれば「能力」通りの「実力」を発揮することができるのだろうか。ここで登場するのが「職場の基礎代謝」という新しい概念だ。下記は、誰しもが経験しているであろう「基礎代謝」が低下したことによる影響を、企業に当てはめたものである。

職場の基礎代謝とは_図表01_190109※参照:『生産性を高める職場の基礎代謝』(白井旬著)
※大企業病:事なかれ主義やセクショナリズム、縦割り型などをはじめとする、非効率・保守的な企業体質

ここで、基礎代謝を下げる要因を考えてみると、以下のようになる。

職場の基礎代謝とは_図表02_190109※参照:『生産性を高める職場の基礎代謝』(白井旬著)

つまり、企業は人と同様に、さまざまな「不」が積み重なることによって代謝が低下する。それが結果的に会社の実力(パフォーマンス)低下につながるというのだ。これまでの話を要約すると、「社員の能力✕職場の基礎代謝=会社の実力(組織の生産性)」という図式が出来上がる。

会社の実力を上げるためには、まずは職場にどのような「不」が存在するのかを明らかにし、その「不」を解消する取り組みを行うことが必要だという。白井氏は「研修を実施しても社員のパフォーマンスにつながらない」という人事担当者の悩みを聞くことがあるが、それは目的と手段が異なっている場合が多いと振り返る。「まずは職場にある『不』を明らかにした上で、その『不』を解消するためにどのような研修を行うべきか、という視点が必要だ」(白井氏)

小まめなフォローアップが「不」の解消の一手になる

次に白井氏は、社員の「不」を解消する方法の一つとして、ある空港会社の事例を紹介した。

同社はかつて、新入社員(特に高卒社員)の定着において、大きな課題を抱えていた。また、いくら教育や指導をしても若手社員が辞めてしまうため、その役割を担う管理職が次第に疲弊するという悪循環に陥っていた。それを解決したのが、小まめなフォローアップを実施する「エルダー制度」(メンター制度)

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

空港における業務では、台風などにより飛行機の欠航や遅延が多く発生する。その中、経験が「不足」している新入社員も「不安」を抱えながらイレギュラーな対応にあたらざるをえない。先輩も懸命にフォローをするが、まれに、「不満」を募らせた利用客から怒鳴られる新入社員もいる。この経験から、多くの新入社員がさまざまな「不」を募らせることとなり、退職していくケースがあった。

そこで同社では、台風の翌日や翌々日に、先輩社員が若手社員全員と面接することを徹底。「オペレーションで不安に思ったことはないか?」「情報の不足はなかったか?」「先輩からの指示で、不明瞭なものはなかったか?」などを面談し、徹底的に「不」の解消に努めた結果、現在では、3年連続で離職率が減少しているという。

「顧客対応」と同じ視点で社員のマネジメントを行うべき

さらに白井氏は、「世の管理職は、顧客の『不』を解消するのは得意であるのに、部下や社内の『不』に気づいていない」と指摘する。

例えば、顧客に対し「この案件は急ぎで進めてください」と伝える人は少ないだろう。「この案件の締め切りは◯月◯日なので、◯日までに△△の対応をお願いします」というように、具体性を持って伝えるはずだ。しかし相手が社内の人間になった途端、「さっきの話、急ぎで対応してね」「しっかりやってね、頼むよ」と、不明瞭な指示を出すことがある。

そこで、白井氏は「顧客対応と同じ視点で、部下のマネジメントを行うべきだ」と提言する。これは部下をお客様扱いするということではなく、顧客と同様に「不」を解消するという視点で部下と接するべきで、それが結果的にパフォーマンス向上につながるという。

人事制度の「名称」次第で社員のパフォーマンスが変わる

また、人事制度の名称についても言及する。例えば、「目標管理シート」を「ランクアップノート」に、「月次面談」を「成長実感ミーティング」に変更しただけで、その名称が与える印象は大きく変化する。管理や面談という言葉が持つ「ネガティブ」や「やらされ感」が払拭されるというのだ。

社内制度の名称で有名なのは、サイバーエージェントの「マカロンパッケージ」だ。一般的には「女性活躍推進プログラム」といった名称をつけるところを、ママ(MA)がサイバーエージェント(CA)で、長く(LONG)働くという視点からMACALON(マカロンパッケージ)という名前にすることで、社内外の興味・関心を引き出している。

※参考:「妊活支援」や 「働くママ・パパ支援」を、 一部の社員のものにしないためには?

これらの例を踏まえ、白井氏は「自社サービスの名称を考案するのと同様に、社内制度の名称も熟考すべきだ」と提言した。

「職場の基礎代謝」の向上が人手不足対策にもつながる

190111_04

白井氏は同セミナーで、昨今深刻化する人手不足問題についても触れた。「人手不足を感じている企業も、職場や社員の『不』を取り除くことで組織全体のパフォーマンスが上がり、結果として今いる社員だけでも業務が問題なく回る可能性がある」(白井氏)

人手不足や生産性の低下に悩む企業は、まずは「今いる社員の『実力』を最大限に発揮するにはどうすればよいか」という視点で、職場に存在する「不」と向き合ってみてはいかがだろうか。

イベント概要

生産性を高める職場の基礎代謝とは?
会場:INTILAQ東北イノベーションセンター
開催日時:2018年12月4日
主催:働くを変える有志の会
共催:INTILAQ東北イノベーションセンター

【取材・編集:@人事編集部】

【編集部より】
組織の生産性向上に関する記事はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました