プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

19卒学生就活状況と20卒採用に関する調査


企業が20卒採用で強化したい施策 1位は「学内セミナー参加」42.4%

2018.12.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・中途採用支援を展開する株式会社アクセスヒューマネクスト(アクセスグループ、本社:東京都港区、代表取締役社長:冨澤一憲、以下アクセスヒューマネクスト)は、2018年12月18日、「アクセス就活Scope 19卒採用 総括号」をリリース。「アクセス就活2019」会員の学生と企業にアンケートを実施し、その結果を発表した。

同調査によると、企業が20卒採用において強化したい施策は「学内セミナー(大学主催)参加」であり、全体の42.4%の企業が回答していることが分かった。以下リリースより。

▶詳細はこちらから

■調査概要/学生アンケート

調査対象:2019年3月卒業予定のアクセス就活会員
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年10月1日(月)~10月11日(木)
回答者数:477件

1. インターシップに関する調査

インターンシップ参加業界
全体:334名 文系:219名 理系115名 (無回答:1.2%)rs_jal_1_181218.jpgrs_jal_2_181218.jpg

文系で最も値が高かったのが「銀行」21.0%。2018年春の報道では、一部メガバンクの採用予定人数が前年比大幅減であることや、ランキング順位が下がったことで「学生の銀行離れ」などと報じられたが、蓋を開けるとインターン人気が高かったことが分かる。その他「専門商社」18.3%、「人材サービス・教育」15.5%、「百貨店・チェーンストア・小売り」15.1%、等は例年の人気業界だ。

理系では「機械・プラント・エンジニアリング」が最も多く20.0%。例年トップの「情報処理・ソフトウェア」は19.1%と昨年30.6%から11.5ポイント大きくダウンした。例年のITインターン人気が、情報系に限らず幅広い学科の理系学生参加によるものだったとすれば、今年度の理系学生は、自らの専攻にマッチした業界のインターンを選りすぐって参加した可能性があることが推察される。その他「水産・食品」17.4%、「化学・化粧品」16.5%は例年の人気業界。

2. 就職活動に関する調査

内定保有者の内定につながったと思う活動
全体:427名 文系:280名 理系147名 (無回答:2.1%)
※今年度からの調査につき、単年度の集計rs_jal_3_181218.jpg文理とも約半数の学生が「自己分析」と回答している。文理でその差が5ポイント以上離れているのが「積極的なセミナー参加(学外)」文系19.6%(理系比10.1ポイント↑)「OBOG訪問」理系14.3%(文系比7.5 ポイント↑)となった。

内定保有者の就活継続率
全体:427名 文系:280名 理系147名rs_jal_4_181218.jpg

「内定に満足して終了」が全体で88.1%で、18卒より2ポイントダウン。理系は、91.8%とほぼ昨年と同水準だが、文系は86.1%と3.6ポイント下降したことが平均値を下げている要因。ここまでの調査で文系の活動量がやや低下していることが判明しているが、満足度も低下していることが判明した。

■調査概要/企業アンケート

調査対象:2019年新卒採用を実施された企業様
調査方法:インターネット調査
調査期間:インターネット調査 2018年9月27日(木)~10月17日(水)
回答社数:217件

1. 19卒採用に関する調査

19卒採用は完全に終了したか
全体217社 経団連非加盟:151社 経団連加盟:147社 親会社加盟:24社rs_jal_3_181218.jpg「経団連非加盟」企業は、「終了していない」が66.9%で前年比5ポイント上昇している。一方の「経団連加盟」企業は「終了した」が78.6%で前年比15.2ポイントの大幅上昇となっている。「親会社が加盟」は「終了した」がやや多く54.2%だが、前年比17.2 ポイント減。昨年よりさらに厳しい環境になっているようだ。

2. 20卒採用に関する調査

20卒で強化したい施策
全体217社 経団連非加盟:151社 経団連加盟:147社 親会社加盟:24社rs_jal_5_181218.jpgrs_jal_6_181218.jpg

全体平均で最も強化したい施策になっているのが「学内セミナー(大学主催)参加」42.4%だが、内訳をみると、各属性ではっきりと違いが見える。

「経団連加盟」企業は、「学内セミナー(大学主催)参加」が最も多く52.4%。「大学や研究室との関係強化」も47.6%と昨年より増加しており、「インターンシップの開催・増加」の42.9%を上回る数値となった。19卒では「インターンシップの開催・増加」を最強化施策(→P34)としていたが、20卒では一層大学寄りの施策を強化することがうかがえる。一方、「経団連非加盟」企業は「インターンシップの開催・増加」39.7%が最も多く、「学内セミナー(大学主催)参加」37.7%、「内定者フォロー(辞退者対策)」33.8%と続く。

「親会社が加盟」企業は、「学内セミナー(大学主催)参加」54.2%が最も多く、次に「内定者フォロー(辞退者対策)」45.8%と続く。なお、「親会社が加盟」企業は、昨年度同様「インターンシップの開催・増加」が属性中もっとも低い37.5%となっている。

本号は、2018年10月上旬に就職活動中の学生477名、新卒採用を実施された企業217社を対象にアンケートを実施し、その結果をまとめたものです。

▶詳細はこちらから

※アクセスヒューマネクストでは、新卒採用に関する情勢調査を独自の視点で調査・分析を行い、「アクセス就活Scope」として発行しています。

【プレスリリース「19卒学生就活状況と20卒採用に関する調査(10月上旬実施)」(PR TIMES)より|2018年12月18日】

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました