プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

エン・ジャパン調べ


【管理職への志望度調査】管理職に「興味がある」と回答したのは男性6割、女性は4割

2018.12.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エン・ジャパンは、12月10日に運営する人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』を利用するユーザーに実施した「管理職への志望度」のアンケートの調査結果を発表した。調査結果では、管理職への興味について、「興味がある」と回答したのが男性は6割だったのに対して、女性は4割にとどまったことなどが分かった。以下、リリースより。

調査結果の概要

★5割が管理職に「興味がある」と回答。女性に比べ、男性のほうが管理職に強い興味。
★管理職に興味がある理由は、「自己成長のため」。興味がない理由は、「管理職が不向きだと思うから」。
★管理職の経験をして良かった点、「視野が広がる」「影響力が上がる」「裁量が増える」。

調査結果の詳細

1:5割が管理職に「興味がある」と回答。女性に比べ、男性のほうが管理職に強い興味。(図1、図2)

「管理職になることに興味はありますか?」と伺ったところ、50%が「興味がある」(興味がある:26%、どちらかといえば興味がある:24%)と回答しました。男女別に見ると、「興味がある」は、男性が62%、女性が41%と、21ポイントの差が見られました。

一方、「興味がない」(興味がない:16%、どちらかといえば興味がない:13%)と回答したのは、男性が19%だったのに対し、女性は38%と、2倍の差がありました。年代別に見ると、「興味がある」の最多は30代(興味がある:28%、どちらかといえば興味がある:26%)でした。

【図1】管理職になることに興味はありますか?(男女別)

【図2】管理職になることに興味はありますか?(年代別)

2:管理職に興味がある理由は、「自己成長のため」。興味がない理由は、「管理職が不向きだと思うから」。(図3、図4)

管理職に「興味がある」、「どちらかと言えば興味がある」と回答した方に理由を伺うと、最も多い回答は「自分を成長させたいから」(43%)でした。理由を伺うと、「部下を持ち、的確な指示を出したり、親身になることにより、自身の人間性も高まると思う」(25歳男性)、「管理職になると、コミュニケーション力や判断力など、必要とされる能力が多いため、成長できると思う」(31歳女性)という声が挙げられました。次いで、「給与を上げたいから」(41%)、「仕事の幅を広げたいから」(39%)が続きます。

管理職に「興味がない」、「どちらかと言えば興味がない」と回答した方に理由を伺うと、「自分に管理職は向いていないと思うから」(28%)が最多でした。理由を伺うと、「現場で働いているほうが性に合う」(25歳男性)、「管理職として、ときに怒ったり、間違いを指摘するなどは、性格に合わない」(32歳女性)という声が寄せられました。次いで、「プライベートの時間がなくなりそうと感じるから」(23%)、「仕事の責任を増やしたくないから」(22%)が続きます。トップ3の回答は、女性に顕著でした。

【図3】管理職に「興味がある」、「どちらかと言えば興味がある」と回答した方に伺います。理由は何ですか?(複数回答可)

【図4】管理職に「興味がない」、「どちらかと言えば興味がない」と回答した方に伺います。理由は何ですか?(複数回答可)

3:管理職の経験をして良かった点、「視野が広がる」「影響力が上がる」「裁量が増える」。(図5、図6、図7、図8)

「管理職の経験はありますか?」と伺うと、「ある」が27%でした。男女別に見ると、「管理職経験がある」と回答したのは、男性が40%、女性が16%と2倍以上の差がありました。また、年代が上がるにつれて、管理職経験者は増えていきます。

「管理職経験がある」と回答した方に、管理職の経験をして良かったことを伺うと、トップ3は「自分で決められることが増えた」(44%)、「部下の成長に関わることが出来た」(43%)、「自分の視野が広がった」(42%)でした。管理職の経験をして良かったと感じた、具体的なエピソードも紹介します。

【図5】管理職の経験はありますか?(男女別)

【図6】管理職の経験はありますか?(年代別)

【図7】「管理職の経験がある」と回答した方に伺います。管理職の経験をして良かったと感じたことを教えてください。(複数回答可・男女別)

【図8】「管理職の経験がある」と回答した方に伺います。管理職の経験をして良かったと感じたことを教えてください。(複数回答可・年代別)

管理職の経験をして良かったと感じたエピソード

○自身が管理職ではなかったとき、「いらないのではないか」と感じていた業務を無くしたり、効率化のために浮かんだアイデアをすぐに実行に移せた。(25歳男性)

○新規事業立ち上げ時に部下が数人でき、様々なタイプの従業員と関わることが出来た。どのようにしたら成長させてあげられるか、利益を出すためにはどうすればいいかなど、視野を広げる経験が積めた。また、目標を部下と一緒に追いかける中、部下の成長を直接見ることが出来たことが嬉しかった。(28歳男性)

○今まで見えていなかった部分が見えて、一人一人の仕事に助けられていること、一緒に働く仲間の大事さに気づけた。(32歳男性)

○自分に足りないところを部下を通して知ることが出来た。マネジメントの難しさを学ぶと同時に、人間としての学びも多く得ることが出来た。(32歳女性)

○管理職として、経営会議など重要な会議に参加できる。経営状況や今後の中長期計画を具体的に知れるので、責任感がついた。(33歳女性)

○自分の裁量で、スケジュール管理・工程管理・人員管理・改善などを行なった結果、作業スピードが上がり、仕事が効率的になり残業時間が削減された。作業も円滑に回るようになり、会社からも評価された。(35歳男性)

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査期間: 2018年10月29日~11月27日
■調査対象:『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )利用者
■有効回答数:11,423名

【プレスリリース「1万人が回答!管理職への志望度調査 男性の6割、女性の4割が管理職に『興味がある』と回答。 管理職に興味がある理由は、『自己成長』、 興味がない理由は、『不向きだと思うから』。」(@Press)より|2018年12月10日・エン・ジャパン株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました