プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

パーソルキャリア株式会社


doda「平均年収ランキング2018」 正社員の平均年収は414万円

2018.12.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、2018年12月3日、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめた、平均年収ランキング2018を発表した。

同ランキングによると、2018年の全体の平均年収は414万円で、職種別ではトップ10のうち7種職種が「専門職」、「金融系専門職」系であることが分かった。以下、リリースより。

主な調査結果

◆2018年の全体の平均年収は414万円
◆職種別に見ると、平均年収上位は「専門職」と「金融系専門職」系が多い
◆業種別に見ると、平均年収上位は「金融」、「メディカル」、「メーカー」系が多い

職種別:トップ10のうち、7職種は「専門職」、「金融系専門職」系

全166職種のうち、平均年収ランキング1位は「弁護士」(829万円)、2位は「投資銀行業務」(825万円)、3位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(803万円)という結果となり、「専門職」、「金融系専門職」系の仕事がトップ10のうち7つを占めました。

「営業」系では、「MR」が709万円で4位。続いて「営業―医薬品メーカー」が596万円で18位、「営業―医療機器メーカー」が562万円で23位となり、上位に入ったのは昨年と同様に、医療関係の営業職でした。

また、昨年同様、「技術系(IT/通信)」の仕事も上位にランクインしました。ITの知識に加えてコミュニケーション能力が求められる仕事の年収が高く、「プロジェクトマネジャー」が659万円で8位、「プリセールス」が628万円で12位、ITコンサルタントが604万円で13位となりました。

業種別:トップ10のうち9つが、「金融」、「メディカル」、「メーカー」系

全96業種のトップ10のうち9つが「金融」系、「メディカル」系、「メーカー」系という結果になりました。
1位は昨年に続き「金融」系の「投信/投資顧問」で839万円。昨年から98万円の大幅アップとなり、今回の調査では最大の上昇額でした。また、「投信/投資顧問」は、1,000万円以上の割合が最も高い水準でした。2位は「医薬品メーカー」(611万円)、3位は「たばこ」(584万円)と続きました。

トップ50のうち、昨年と比較して順位を上げたのは、「香料メーカー」が36位→25位、「紙/パルプメーカー」が56位→48位で、いずれも約20万円の年収アップとなりました。

 【職種別平均年収ランキング 上位50社】

181205_d_01

 【業種別平均年収ランキング 上位50社】

181205_dd_02

調査概要

【対象者】2017年9月~2018年8月末までの間に、dodaエージェントサービスにご登録いただいた20~65歳のホワイトカラー系職種の男女
※今年から対象者の年齢を65歳までに広げているため、生涯年収額が昨年度のデータ(59歳が上限)より高くなっている場合があります
【雇用形態】正社員
【有効回答数】約36万件
※平均年収:手取りではなく支給額
※順位算出:平均年収(万円)の小数点単位で順位づけ
※生涯賃金の算出方法:20代(22歳~)、30代、40代、50代以上(~65歳)における平均年収を年数分掛けて合計した金額(退職金は含まない)

調査結果の詳細はこちらをご覧ください。
https://doda.jp/guide/heikin/

【プレスリリース「転職サービス『doda(デューダ)』、『平均年収ランキング2018』を発表2018年 正社員の平均年収は414万円~『専門職』、『金融系専門職』が上位を独占。業種別では『金融』、『メディカル』、『メーカー』系がトップにランクイン~」より|2018年12月3日・パーソルキャリア株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました