プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

平成29年「就労条件総合調査」厚労省


【平成29年就労条件総合調査】有給の取得率は51.1%にとどまる

2018.10.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は2018年10月23日、「就労条件総合調査」の結果を公表した。調査によると、年次有給取得の取得率は51.1%以下で、退職給付金制度のある会社は80.5%となっている。以下、発表報道資料より。

調査結果のポイント

1.年次有給休暇の取得状況

平成29年(又は平成28会計年度)1年間の年次有給休暇の付与日数は18.2日(平成29年調査18.2日)、そのうち労働者が取得した日数は9.3日(同9.0日)で、取得率は51.1%(同49.4%)
yuukyuu

2.勤務間インターバル制度の導入状況

各企業における実際の終業時刻から始業時刻までの間隔が11時間以上空いている労働者の状況別の企業割合は「全員」40.5%(平成29年調査37.3%)と「ほとんど全員」33.5%(同34.3%)をあわせて7割以上
勤務間インターバル制度の導入状況別の企業割合は、「導入している」が1.8%(同1.4%)、「導入を予定又は検討している」が9.1%(同5.1%)

interval

3.退職給付(一時金・年金)制度

退職給付(一時金・年金)制度がある企業割合は80.5%。退職給付制度がある企業について、制度の形態別の企業割合をみると、「退職一時金制度のみ」が73.3%、「退職年金制度のみ」が8.6%、「両制度併用」が18.1%

taishookukyuuhu

詳細は、別添概況をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/18/dl/gaikyou.pdf

【報道発表資料「平成30年「就労条件総合調査の結果を公表します」より|厚生労働省・2018年10月23日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました