特集

ティール組織の解説、ホラクラシーやノーレイティング実践企業の事例紹介、人事評価のアップデートまで


【特集トップ】“評価しない組織”の衝撃

2018.10.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒエラルキー型の指示階層を持たない組織形態「ティール組織」が話題となっている。マネジャー職が社員の働きを評価する一般的な会社組織とは対照的で、「現実味がない」と感じた人も多いのではないか。しかし、近年は社内の人事評価を行わないにも関わらず、ビジネスの成功を収める企業が登場している。

人口減少社会に突入し、個人の働き方が変化する中、企業は既存の人事評価制度のままで成長を続けることができるのか。“評価しない組織”への考察から、人事が評価制度をアップデートする方法を探る(特集は全5回で構成)。

嘉村賢州氏が語る ティール組織の誤解と企業への導入に必要な考え方

teal_02

ティール組織とは、階層構造がなく、組織のメンバーがそれぞれ裁量権を持って行動する集団だ。一部では「ティールをやれば必ず生産性が高まり、業績が上がる」「ティールを導入するには、組織に優秀な人材を集めなければならない」との誤解も生じている。日本におけるティール組織の第一人者、嘉村賢州氏に、ティール組織の概要や誤解しやすい点、導入時の注意点を聞いた。

記事はこちら
「嘉村賢州氏が語る ティール組織の誤解と企業への導入に必要な考え方」

組織に階層構造を設けない。ホラクラシー経営の企業が「管理しないマネジメント」を成功させた理由

diamondmedia_03

ダイヤモンドメディアは、創業当初から独自の人事制度を構築し、階層構造を設けない組織形態「ホラクラシー」を実践する企業だ。明確に「人事担当者」を設けず、給与を決める会議や人事制度の構築はその都度、有志の社員が対応する。同社で制度が形作られるまでの経緯、各社員が主体的に組織改革に取り組む理由をひもとく。

記事はこちら
「組織に階層構造を設けない。ホラクラシー経営の企業が「管理しないマネジメント」を成功させた理由」

ランク付けの評価からノーレイティングへ  アドビシステムズの人事改革

adobe_02

2012年、アドビシステムズは世界約18,000人の社員に一斉に人事改革を実施。ランク付けをなくし、マネジャーが部下と継続的に面談し、日々の成長を評価する制度「チェックイン」に移行した。両者の関係性を密にすることで評価の結果や決定理由に納得感を高め、社員の満足度を向上させている。変革の歴史や、企業が人事制度を変える上で心がけるべきことを取材した。

記事はこちら
ランク付けの評価からノーレイティングへ  アドビシステムズの人事改革

中小企業が取り組むべき人事評価制度のアップデート  5つの評価制度を紹介

jinjihyoka_02

ティール組織やホラクラシーの導入には多くの失敗と改善がつきまとうため、組織改革を成し遂げるには時間がかかる。そこで、まずは組織改革の一環として人事評価制度から見直してみるのはどうだろう。人事プロフェッショナルの永見昌彦氏が、旧来の年功序列とは異なる5つの評価制度の特徴、運用時の注意点を紹介する。

記事はこちら
中小企業が取り組むべき人事評価のアップデート  5つの評価制度を紹介

社員のモチベーションを高めるTips 65のユニークな制度やサービスとは?

Tips_アイキャッチ

社員のモチベーションを高めるTips として、人事評価を含めた各種制度とサービスを調査。「評価制度をすぐ変えるのは難しい」と考えている人事担当者向けに、評価制度よりも比較的導入しやすいインセンティブ、福利厚生系の制度やサービスをまとめた。今回は51のユニークな制度と14のサービスを紹介する。

記事はこちら
社員のモチベーションを高めるTips  65のユニークな制度やサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました