特集

【特集】“評価しない組織”の衝撃 第5弾


社員のモチベーションを高めるTips  65のユニークな制度やサービス

2018.10.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
  1. 社員のモチベーションを高める51のユニークな「人事評価制度」
  2. 分類別 社員のモチベーションを高めるユニークな「サービス」
  3. 自社の特徴や課題に合った制度やサービスを選んで

無料会員登録はこちら

自社の人事評価制度を変えるためには、体制づくりや計画立案などで準備と時間が必要になる。また、比較的新しい評価制度(MBOやOKRなど)の導入においても、自社に最適な制度選びが問われることが分かった。ただでさえ、多種多様の業務をこなしている人事担当者にとっては、調査の時間すら惜しいと考えてしまうだろう。
そこで、@人事編集部は社員のモチベーションを高めるTips として、人事評価を含めた各種制度とサービスを調査。「評価制度をすぐ変えるのは難しい」と考えている人事担当者向けに、評価制度よりも比較的導入しやすいインセンティブや福利厚生系の制度やサービスをまとめた。今回は51のユニークな制度と14のサービスを紹介する。
※情報は2018年9月1日時点。

【特集】“評価しない組織”の衝撃~ティール組織の解説、ホラクラシーやノーレイティング実践企業の事例紹介、人事評価のアップデートまで~

社員のモチベーションを高める51のユニークな「人事評価制度」

【図の解説】人事評価制度で面白いのが、アソブロックの「年俸宣言制度」だ。新卒社員以外は、自ら年俸を決められる。これは、年俸を会社からもらうのではなく、自ら稼ぐという考えが根底にある。同社は他に、「芸術鑑賞保険制度」という、毎月サイコロで出た目の数×5,000円を舞台芸術鑑賞に使えるというユニークな福利厚生制度もある。

オンデーズの「インフルエンサー手当」は採用時のインセンティブにもなっている。ツイッター、インスタグラム、ブログのいずれかのフォロワー数が最低1万人以上いると、各職種の基本給与に加えて5万円が支給される。メガネやサングラスの販売を手掛ける同社が、販売戦略として、スタッフの情報発信を重要視しているためと思われる。

Eyes,JAPANの「SSS」は、

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました