プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

厚生労働省


厚労省「平成30年度『輝くテレワーク賞』」の募集を開始【8/24日必着】

2018.06.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は、6月15日に2018年度の「輝くテレワーク賞」(※)の募集を開始することを発表した。「輝くテレワーク賞」では、テレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果を上げた企業や団体、個人を厚生労働大臣が表彰する。応募期間は8月24日まで。
パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方である「テレワーク」は、子育てや介護と仕事の両立など、ワーク・ライフ・バランスの向上に役立つほか、生産性の向上や雇用の創出につながるなど、さまざまなメリットがある。
審査結果は10月末ごろにホームページなどで発表し、11月29日に開催する「テレワーク・シンポジウム」で表彰式を行う。以下、報道発表資料より。
( ※)「輝くテレワーク賞」は「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰」の通称

輝くテレワーク賞 概要

表彰の対象と種類
●企業の部門
(1)厚生労働大臣賞「優秀賞」
   テレワークの活用によってワーク・ライフ・バランスの実現を図っている企業のうち、特にその取組
   が優秀と認められる「企業・団体」を表彰
(2)厚生労働大臣賞「特別奨励賞」
   テレワークの導入に当たって、さまざまな工夫を凝らすなど、他の企業の模範となる取組を行う「企
   業・団体」を表彰
● 個人の部門 
(3)厚生労働大臣賞「個人賞」
   テレワークを積極的に活用した働き方により、ワーク・ライフ・バランスを実現している労働者又は
   テレワークの普及・推進に貢献した「個人」を表彰
    [1] 他の模範となるテレワークを積極的に活用した働き方によって、ワーク・ライフ・バランス
       を実現している労働者を表彰
    [2]  雇用型のテレワークの普及・推進に貢献した方を表彰

輝くテレワーク賞 募集要項

■募集期間
平成30年6月15日(金)~8月24日(金)(応募締切:8月24日(金)必着)

■応募方法
募集要項、応募フォームなどは、専用ホームページからダウンロードしてください。
https://kagayakutelework.jp/

【応募方法に関する昨年度からの主な変更点】
 (1) 厚生労働大臣賞「優秀賞」と「特別奨励賞」の応募フォームのうち、「ワーク・ライフ・バランスに関する事項」と「他者の模範となる取組に関する事項」については、補足資料の添付ができます(A4サイズ)。取組内容や成果、実績などが客観的にわかる資料をできる限り添付してください。また、個人賞についても、補足資料の添付ができます(A4サイズ)。実績が客観的にわかる資料をできる限り添付してください。
 (2) 応募フォームのうち、「基本的な事項」の中に、今回新たに、テレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」(7月23日~27日)への参加に関する項目を設けました。このプロジェクトに参加登録をして、ご参加いただいた場合、加点対象となります。「テレワーク・デイズ」への参加登録は、特設サイトで受け付けています。

審査
 (1) テレワークに関して知見を有する学識者などから構成される審査委員会で審査を行います。
 (2) 審査の過程で、不明点についてお尋ねすることや、追加の補足資料などの提供をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。

審査結果の発表
(1) 審査結果は、10月末ごろに公表を行い、応募者へお知らせします。
(2) 11月29日に開催予定のテレワーク・シンポジウムの中で表彰式を行い、受賞者を表彰します。

お問い合わせ先

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰」事務局
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11東京YWCA会館
一般社団法人日本テレワーク協会内

電話:03(5577)4572(受付時間:9時~17時/土・日曜、祝日を除く)
URL:https://kagayakutelework.jp/
E-mail:koro-hyosho@japan-telework.or.jp

<「テレワーク・デイズ」特設サイト>   https://teleworkdays.jp/
【報道発表資料:「平成30年度「輝くテレワーク賞」の募集を開始します」より|2018年6月15日・厚生労働省】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました