ニュース・トレンド

特集

AnyMind Group 近藤聖氏インタビュー


SNSを分析して個性を数値化。TalentMindが描く採用活動の未来。

2018.04.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年以降、AIを活用してエントリーシートの選考を行う企業が相次いで登場した。書類選考を効率化できる点は画期的だが、「会社との相性は面接をしてみないと分からない」と考えている人事担当者も多いだろう。

そんな中、SNSのデータを分析することで、企業との相性を可視化するサービス「TalentMind」が日本へ進出する。AnyMind Groupで事業統括責任者を務める近藤聖氏の来日を機に、サービスの魅力と今後の展望を聞いた。

目次
  1. SNSを活用することで、採用に新しい切り口をつくる
  2. AIを活用し、感覚的な人材要件を数値化

SNSを活用することで、採用に新しい切り口をつくる

AnyMind Group事業統括責任者の近藤聖氏

―TalentMindについて教えてください。

TalentMindは、AIを活用した人材のスクリーニングと、採用管理の機能を持ったソフトウェアです。このサービスの特長は、適性テストや履歴書のデータだけでなく、SNSの情報をもとに候補者を解析できることです。SNSに投稿されたコンテンツの内容、ポストの回数、フォロワーの数、ライクの数などを解析。ソーシャルに落ちているすべてのデータをもとに統括的な分析を行います。

履歴書が要らないと考えているわけではありませんが、「履歴書では魅力的でないのにソーシャルでは素敵な人」は絶対にいます。こうした人を見逃さないため、切り口を増やすことに価値があると思っています。

今後、取り扱うデータが増えていけば、「どんな企業にどんな人材が向いているか」を分析する精度がさらに上がっていきます。採用担当者が変わっても、データは溜まり続け、アルゴリズムは残る。新しい採用担当者が着任したときにも、すぐに「この人はトップパフォーマーと類似している」ということが分かります。社会的にも価値のあるサービスだと思うので、これからスクリーニングのアルゴリズムをどんどんアップデートしていく予定です。

―現在はタイを拠点にビジネスを展開しています。海外から見た日本のHRマーケットの現状を教えてください。

タイは買い手市場で、企業が求人を出すと大変な数の応募が来ます。多くの人がレジュメに良いことばかり書くので、SNSなどでスクリーニングするサービスの需要が大きいマーケットでした。

日本の場合、HRテックが流行ってはいますが、アメリカなどと比べるとまだ盛り上がりは小さいです。人材のスクリーニング機能をサービスとして提供している会社は少ないですし、そこにSNSを使うサービスはまだありません。とくにITリテラシーの高い人材を採用したい企業にとって、このサービスは非常に価値があると思っています。

AIを活用し、感覚的な人材要件を数値化

―企業がHRテクノロジーを導入し、成果を上げるには、どんなことが重要と考えますか。

目的に応じて、適切なソリューションを用いることです。AIを活用したサービスは多くありますが、あくまで目的に対する手段としてAIを使うことが前提になります。

AI以前にテクノロジーがどのように物事を判定していたかと言うと、「ルール」を使っていたんです。「東大生しか採用しない」と決めた会社であれば、レジュメの学歴を見れば良いのであって、AIは必要ありません。「ルール」さえ決めてしまえば、100%の精度でターゲットを見つけられるようになります。採用の目的に応じて、AIを使うべきか考え、適した方法を選ぶことが重要だと思います。

私たちのプロダクトでは、「東大生か否か」という判断の次元を超えて、「社交的な人」「探究心の強い人」といったこれまでにないルールを設けることができます。AIの機械学習を利用することで、感覚的なニーズをより明確に把握できるのです。

TalentMindのダッシュボードTalentMindのダッシュボード

―最先端のテクノロジーが発展していくことで、今後、世の中にどのような変化があると予測しますか。

この10年を振り返ってみると、アップルのような莫大な資産を保有する民間企業が現れたように、財力が国から民間企業に流れ出ていることが分かります。しかし今の時代では時価総額が1兆円を超えるイーサリアム(仮想通貨)を作った主体が個人だったように、これからは企業から個人へと力の分散が始まっていくと思います。

「会社で働く」「組織に属する」という概念は、今後ますます薄れていくでしょう。そう言った意味で、私たちが提供するプロダクトが「個人」を分析する手段としてSNSを活用しているのは、必然の流れなのです。

【取材:2018年3月2日、聞き手・撮影:編集部】

企業プロフィール

AnyMind Group
AIを活用したSaaSソリューションを提供するテクノロジーカンパニー。2016年4月にAdAsia Holdingsとしてシンガポールで創業。2018年1月にAnyMind Groupを親会社とする組織改編を実施。2018年4月現在、10カ国12拠点で290名以上の従業員が勤務する。

AnyMind Groupに関する記事はこちら


【編集部おすすめの「ホワイトペーパー」】
体系的にまとめられた情報の中から必要な部分をパッケージングした業務に役立つ資料です。

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました