プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

一般社団法人日本ビジネスメール協会


「ビジネスメール実態調査2018」の回答を5月1日まで受付中!

2018.04.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事におけるメールの利用実態と課題を調査

一般社団法人日本ビジネスメール協会(所在地:東京都千代田区、代表理事:平野友朗)は、「ビジネスメール実態調査2018」を実施するため、4月2日から回答を募集している。回答の対象は、現在、仕事でメールを使っている人。回答者には抽選でギフト券やビジネルメールに関する書籍が当たる。以下、リリースより。

日本で唯一のビジネスメールに関する継続した調査

ビジネスメール実態調査は、仕事におけるメールの利用実態と課題を明らかにすることを目的として、現在仕事でメールを使っている人を対象に、毎年実施しています。2007年から12年連続で行なっている、日本で唯一のビジネスメールに関する継続した調査です。

本調査は、2018年4月2日(月曜)から2018年5月1日(火曜)までの期間に、インターネットで回答を受け付けます。
質問内容は「仕事で使っている主なコミュニケーション手段」「仕事で利用しているメールソフト」「仕事でメールの送受信に使用している形式」「仕事で1日に送受信しているメールの平均通数」「自分のメールで不安なところ」「メールでの失敗経験」「見つけたメールの失敗」「不快なメールの内容」など約30項目です。残業が多いと感じることがある場合とない場合で、メールの利用状況にどのような違いがあるのかなど、メールの利用動向を読み解きます。調査結果は、2018年6月上旬頃に、回答者全員にお知らせいたします。

「ビジネスメール実態調査2018」概要

調査目的:仕事におけるメールの利用実態と課題を把握
調査対象:仕事でメールを使っている方
調査期間:2018年4月2日(月曜)から2018年5月1日(火曜)
調査方法:インターネット回答方式
調査実施機関:株式会社アイ・コミュニケーション
所要時間:10分程度
結果発表:2018年6月1日(金曜)予定
回答ページ:http://business-mail.jp/research2018

昨年の調査結果はこちらから「ビジネスメール実態調査2017」
http://businessmail.or.jp/archives/2017/06/02/7246

一般社団法人日本ビジネスメール協会

[代表者]平野友朗
[設立]2013年9月20日
[事業概要]ビジネスメール教育者の育成、ビジネスメール教育者の認定
[所在地]〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
[URL]http://businessmail.or.jp/
[電話]03-5577-3210 [E-mail]info@businessmail.or.jp

・一般社団法人日本ビジネスメール協会は日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です
・一般社団法人日本ビジネスメール協会の運営を株式会社アイ・コミュニケーションに委託しております
・「ビジネスメール」と「ビジネスメールコミュニケーション」は株式会社アイ・コミュニケーションの登録商標です

「『ビジネスメール実態調査2018』実施のお知らせ」より|一般社団法人日本ビジネスメール協会・2018年4月2日】

関連情報

一般社団法人日本ビジネスメール協会の代表を務め、日本の「ビジネスメール」の第一人者として知られる平野氏のコラムは@人事プライムコラムで連載中です。
コラムはこちら→ https://at-jinji.jp/provider/column/162

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました