プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

平成28年度労働者派遣事業報告書(厚生労働省)


2016年は177万人が派遣労働者として働く。平均賃金は12,624円で前年比約6%増加

2018.04.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は先ごろ、平成28年度の「労働者派遣事業報告書」の集計結果(平成28年4月1日から平成29年3月31日)を発表した。報告書によると、派遣労働者数は約177万人で、派遣件数は前年度より3.9%増の約72万件。派遣事業の年間売上高は6兆5,798円になり前年度から15.9%増えた。また、派遣労働者の平均賃金は8時間換算で、「労働派遣事業」が12,624円(前年度比:5.8%増)、「(旧)特定労働者派遣事」は15,771円(前年度比:1.3%増)だった。以下、報道発表資料より。

平成28年度集計結果概要

1.派遣労働者数・・・・・・約177万人(注1)
(1) 労働者派遣事業
a 無期雇用派遣労働者 215,073人
b 無期雇用派遣労働者 1,289,437人

(2)(旧)特定労働者派遣事業
c 無期雇用派遣労働者 214,356人
d 有期雇用派遣労働者  52,158人

2.派遣先件数・・・・・・約72万件(対前年度比:3.9%増)
(1)労働者派遣事業 630,269件( 対前年度比:9.1%増)
(2)(旧)特定労働者派遣事業 85,498件(対前年度比:23.2%減)

3.年間売上高・・・・・・6兆5,798億円(対前年度比:15.9%増)
(1)労働者派遣事業 5兆1,826億円(対前年度比:28.4%増)
(2)(旧)特定労働者派遣事業 1兆3,971億円(対前年度比:15.0%減)

4.派遣料金(8時間換算)(平均)(注2)
(1)労働者派遣事業 19,083円 (対前年度比:9.5%増)
(2)(旧)特定労働者派遣事業 25,159円(対前年度比:2.5%増)

5.派遣労働者の賃金(8時間換算)(平均)
(1)労働者派遣事業 12,624円 (対前年度比:5.8%増)
(2)(旧)特定労働者派遣事業 15,771円(対前年度比:1.3%増)

(注1)各派遣元事業主の報告対象期間の末日現在の実人数を計上。
(注2)「派遣料金」は、労働者派遣の対価として派遣先から派遣元事業主に支払われるもの。
注:報告書の提出率は、平成27年度報告が約91%、平成28年度報告は約88%となっている。

詳細はこちら 報道発表資料全体版(PDF:573KB)

参考:「平成27年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」(厚生労働省HP)

【報道発表資料「平成28年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」より|厚生労働省・2018年3月30日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました