プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

ウォンテッドリー株式会社


Wantedly Visit、会社とユーザーを価値観でマッチングする新機能をリリース

2018.04.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社は、2018年4月9日、会社訪問サービス「Wantedly Visit」の会社の主な情報を掲載する会社ページをリニューアルし、会社とユーザーが”価値観”でマッチングできる新機能をリリースすることを発表した。

新機能では、40以上のキーワードの中から会社が大切にしている「価値観」を6つ選択することで、その会社のカラーを表現することができるようになっている。以下、リリースより。

会社ページのリニューアルについて

ビジネスSNS「Wantedly」はビジネスパーソンをつなぐプラットフォームとして、2012 年2 月にサービスを正式ローンチし、これまで25,000 社が登録、月間200 万人が利用するサービスへと成長を続けています。

会社訪問サービス「Wantedly Visit」は、“共感”で会社とビジネスパーソンをマッチングすることをコンセプトとしており、会社のミッションやビジョンに共感したユーザーが、募集ページにある「話を聞きに行く」ボタンを押すことで会社とマッチングする仕組みになっています。

「Wantedly Visit」では、会社が募集ページに「なぜやるのか」「どうやっているのか」を具体的に書くことでユーザーの興味を惹き、これまでユーザーは主に会社の募集ページから自分がその会社に共感できるかどうかを判断していました。最近では、ブログ機能「Feed」に投稿される社員や会社の様子からその会社に興味をもち、会社の主な情報を掲載する会社ページを閲覧するユーザーが増えています。

今回、会社ページをリニューアルすることで、各会社の個性やカラーが表現しやすくなり、ユーザーが会社の募集からだけではなく、会社のカルチャーから興味を持つきっかけを増やし、より良いマッチングに繋げていく狙いです。

会社ページ 主なリニューアル内容

全体のデザイン

トップにその会社のビジョンが大きく表示されるようデザインを一新し、より会社の個性が表現できるようになりました。

“価値観”からマッチングする新機能

40 以上のキーワードの中からその会社が大切にしている”価値観”を6 つ選択することで、会社のカラーを表現できるようになりました。

ユーザーが”価値観”で会社を探せる特設ページ

https://www.wantedly.com/values

wantedlyvisit0406

今後の展望

今回はWeb 版のみリニューアルしたため、今後ユーザーの動向を見ながらアプリへの適応も進め、ユーザーが自分に合った会社をより見つけられるプラットフォームを目指し、機能開発・改善に努めてまいります。

ウォンテッドリーについて

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドル人をふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2 月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数25,000 社、月間ユーザー数200 万人を超え、『はたらくすべての人のインフラ』になることを目指しています。

会社概要

会社名:ウォンテッドリー株式会社
URLhttps://www.wantedly.com
本社所在地:東京都港区白金台5-12-7 MG 白金台ビル4F
代表取締役:仲 暁子
設立:2010 年9 月
事業概要:
月間200 万人が利用するビジネスSNS「Wantedly」
運命のチームやシゴトと出会える「Wantedly Visit」
はたらくを面白くするブログ「Wantedly Feed」
名刺管理アプリ「Wantedly People」
ビジネスチャット「Wantedly Chat」
社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」
ポートフォリオサイト「Wantedly Case」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました