コラム

書籍紹介

人事に薦める一冊


『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』─やつづかえり氏推薦

2018.03.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールを「なくすこと」で人の力を引き出す

book030501
生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方
武藤北斗 (著)
単行本
2017/4/16発売
イースト・プレス

 「この工場では、誰が何時に出勤してくるのかが事前に一切分かりません」、こう聞くと、多くの人が耳を疑うのではないでしょうか。

これは、大阪でエビの加工・販売を行うパプアニューギニア海産の工場のこと。パート従業員が事前連絡なしに好きな日に出勤して良いという「フリースケジュール」制を2013年に開始し、今では出勤日のみならず、出退勤時間や休み時間も各自の自由です。型破りな制度ですが、離職率が下がり、職場の雰囲気や商品の品質も向上して良いことづくめだそう。

工場長の武藤北斗さんの著書『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』には、「フリースケジュール」を始めた経緯や思いが綴られています。

同工場でパート従業員の多くを占めるのは、子育て中の女性です。小さい子どもがいれば、病気や学校の用事などで仕事に行けないことも度々あります。そのときに「いちいち会社に説明して休むことは、大きなストレスになるだろう」と考えた武藤さんは、いつでも気兼ねなく休める制度を発想したのです。

好きに休める制度があっても、気をつかって事前に連絡をするようになってはストレスはなくなりません。だから、同工場では出勤や欠勤に関する事前連絡を「しなくて良い」ではなく、「してはいけない」ということを徹底しています。

そのルールは本当に必要? 常識を疑うことで、真に働きやすい職場を作る

こういった実態から分かるのは、「フリースケジュール」とは既存のルールを“取り除くもの”だということです。

事前に決めたシフトどおりに出勤する、休むときは事前に連絡をする、遅刻・早退も事前に連絡する――、これらは多くの職場ではごく当たり前のルールです。

でも、このルールは本当に必要なのか、なくしてしまった方が気持ちよく働けるのではないか――、常識を疑うことが、真に働きやすく生産性も高い職場を生み出しました。皆さんの職場でも、新たな制度やルールを作るだけでなく、なくすことで人の力を引き出せないか、考えてみませんか。

執筆者紹介

やつづかえり 「働き方」をテーマに取材、情報発信するフリーライター。メーカー、教育関連企業に11年間勤務後、独立。組織人の新しい働き方、暮らし方を紹介する『My Desk and Team』を運営。Yahoo!ニュース(個人)他、各種Webメディアにて働き方、組織などをテーマとした記事を執筆中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました