プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社i-plug


口コミで広がる「OfferBox」。2019卒生の登録が6万人を超える

2018.02.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
  1. オファー型就活サービス「OfferBox」が就活解禁前に2019年卒の登録学生が6万人を突破
  2. 学生登録数推移
  3. 〈採用年度ごと〉OfferBoxの登録学生 総数
  4. 学生が重視するのは「やりたいことよりも活躍し評価されること」
  5. OfferBoxについて

オファー型就活サービス「OfferBox」が就活解禁前に2019年卒の登録学生が6万人を突破

株式会社i-plug(大阪市、代表:中野智哉氏)は2月22日、運営する企業から学生にオファーが届く就活サービス「OfferBox(オファーボックス)」の、2019年卒の登録学生数が6万人を超えたことを発表した。前年比約1.5倍のペースで登録者が増えており、2019年卒は最終的に約10万人の利用を見込んでいる。

なお、前年を上回るペースで増えている理由について、同社広報の松田真弓氏は次のように語った。
「一番の要因として、先輩から後輩へ、また友人同士での口コミをきっかけにして増えていると考えられます。特に実際の利用者(学生)からの評価で多いのが、『オファーをもらうことで、これまで興味がなかった業界や企業を知るきっかけになる』というものです。いまは、なかなか志望業界を決めきれない学生も増えています。そのため、Offer Boxを通じて企業からオファーをもらうことで、自分のどの部分が強みなのかまたどういう企業に自分が求められるのかを知ることができるという点が、就活を進める上でメリットに感じている学生が多いと考えられます」
以下、リリースより

学生登録数推移

〈採用広報活動解禁時点〉OfferBoxの登録学生数
〈採用広報活動解禁時点〉OfferBoxの登録学生数
※採用広報解禁は学部卒の場合3年生の3月1日時点
※2019年卒は、2018年2月21日時点でのカウント

–2016年卒 1万4,634人
–2017年卒 2万4,934人
–2018年卒 4万659人
–2019年卒 6万228人(2019年卒は、2018年2月21日時点)

〈採用年度ごと〉OfferBoxの登録学生 総数

〈採用年度ごと〉OfferBoxの登録学生 総数
※2014〜17年卒は卒業時の3月31日時点の登録をカウント
※2018・19年卒は2018年2月21日時点でのカウント
–2014年卒 4,500人
–2015年卒 5,500人
–2016年卒 2万人
–2017年卒 4万2,000人
–2018年卒 6万8,635人
–2019年卒 6万228人(2019年3月末時点で10万人到達の見込み)

学生が重視するのは「やりたいことよりも活躍し評価されること」

大卒者の求人倍率が高止まりする中、企業は自社にマッチする人材といかに出会い、確保するかということが、重要な経営課題になっています。

一方、2019年卒の学生向けに弊社が実施した『入社後の活躍・評価について』のアンケートでは、45.8%の人が「自分が活躍でき、社内外から評価される仕事ならば、自分のやりたい仕事でなくても良い」と答え、「活躍し評価されるかどうかではなく、自分がやりたいことにチャレンジしたい」と回答した41.1%を上回りました。この結果から、学生としても自身を求めてくれる企業、そして活躍できる仕事と出会いたいというニーズが高いことがうかがえます。

入社後の活躍・評価についてどう思いますか?

入社後の活躍・評価についてどう思いますか?
・自分が活躍でき、社内外から評価される仕組みならば、自分のやりたい仕事でなくても良い。 252人(45.8%)
・活躍し評価されるかどうかではなく、自分がやりたいことにチャレンジしたい。 226人(41.1%)
・まだやりたいことがわからない。 63人(11.5%)
・その他 9人(1.6%)
就活生の「働き方」に関する意識調査アンケートより(2018年1月調査・調査元 株式会社i-plug)

OfferBoxについて

学生が自身のプロフィールを公開、企業はその情報を閲覧し、会いたいと思った学生にオファーを送信するサービスです。入社後3年以内に約3割が早期退職してしまうという、雇用のミスマッチを解消することを目指し、2012年10月、200人の学生と100社の企業の声から生まれました。1学年およそ6万9,000人、7人に1人の学生が登録(2018年卒実績。就活生はおよそ43万人)。大手企業から中小企業まで3,400社を超える企業に導入されています。

学生からは「それまで知らなかった業界や企業を知るきっかけになる」、「企業が自分のどの部分を評価してオファーしたのかがわかるので強みを知ることができる」という声が多く寄せられています。自己を知り、企業を知るツールとして受け入れられ、先輩から後輩へ、そして友人へと口コミを中心に広がっています。

【株式会社i-plug】

代表取締役社長:中野 智哉
設立:平成24年4月
所在地:大阪市淀川区西中島1-9-20 新中島ビル4F
事業内容:新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営
http://i-plug.co.jp/

【プレスリリース「2019年卒6万人突破。2019年卒は10万人、就活生5人に1人の利用を見込む」より|株式会社i-plug・2018年2月22日】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました