プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

2017年10-12月期 転職時の賃金変動状況(リクルートキャリア調べ)


転職時に1割以上の賃金アップは30.4%。前年同期⽐2.7ポイント上昇

2018.01.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者数の割合」30.4%。(前年同期⽐+2.7)

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)は、1月15日に、転職支援サービス『リクルートエージェント』における2017年10-12月期の「転職時の賃⾦変動状況」について発表した。「転職時の賃⾦変動状況」では、”転職決定者の賃⾦は転職前後でどのように変化しているのか”という点に着目し、「前職と⽐べ賃⾦が明確に(1割以上)増加した転職決定者数の割合」を算出している。以下、リリースより。

全体

10-12月期の全体として「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」は30.4%。 2013年度以降、上昇基調が続いており、2017年10-12月期は前年同期⽐2.7ポイント上昇。

職種別

●IT系エンジニア:10-12月期の「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」は31.2%。
– 2014年以降上昇基調が続いており、2017年10-12月期は前年同期⽐4.3ポイント上昇。

●機械・電気・化学エンジニア:10-12月期の「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」は26.6%。
– 2014年度以降は緩やかな上昇を続けており、2017年度10-12月期は前年同期⽐2.6ポイント上昇。

●営業職:10-12月期の「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」は29.5%。
– 2011年度以降は、振れを伴いつつも緩やかな上昇が続いており、 2017年度10-12月期は前年同期⽐ 0.9ポイント上昇。

●事務系専門職:10-12月期の「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」は28.9%。
– 2014年以降上昇基調が続いており、 2017年10-12月期も前年同期⽐5.2ポイント上昇。

● 接客・販売・店⻑・コールセンター:10-12月期の「前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者の割合」 は37.3%。
– 2011年度以降上昇基調が続いており、 2017年度10-12月期は前年同期⽐0.5ポイント上昇。

調査結果の詳細はこちら 「20180115.02pdf」(504.9KB)

【プレスリリース「 2017年10-12月期 転職時の賃金変動状況を発表。『前職と⽐べ賃⾦が1割以上増加した転職決定者数の割合』は30.4%。前年同期⽐2.7ポイント上昇。」より|株式会社リクルートキャリア・2018年1月15日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました