プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社tritrue


国内初エンジニア向けフィットネスプログラム「エンジニアFit」を12月1日リリース

2017.12.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアが全社員の8割・技術者集団tritrueがインストラクターと共同開発。国内で初めてのエンジニアの運動不足を解決するフィットネスプログラム

空間情報検索サービス「Pathee」を提供する株式会社tritrue(所在地:東京都品川区、代表取締役:寺田真介、以下tritrue)は、2017年11月28日に、自社の福利厚生としてエンジニアの運動不足を解消するためのフィットネスプログラム「エンジニアFit」をトリゴナルフィットネス(代表:太田知彦/太田史彦)と共同で開発したことを発表した。tritrueは、「エンジニアFit」をエンジニアを雇用する多くの企業が利用し、エンジニアが快適な環境で活躍できる社会が実現してほしいとの想いから、2017年12月1日(金)から、共同開発会社であるトリゴナルフィットネスより、一般企業様向けにプログラムの提供を開始する。以下、リリースより。

「エンジニアFit」開発の背景

当社tritrueは、開発を主業務とするITスタートアップ企業で、従業員の8割以上がエンジニアが占める会社です。一部の従業員を除き、週末も趣味で開発を行う社員が大多数であり、運動をする社員が約2割であることがわかりました。近年、エンジニアにかかわる問題として、1日中座っていることでヘルニアなど腰の怪我や室内にこもっているため、日光を浴びないことからうつ病を発送する人が多いと言われています。

当社では、「技術者が楽しんで開発できる環境を提供する」という代表の想いから、エンジニアの運動習慣を作る目的のために、フィットネスインストラクターと共同で、エンジニア独自の身体の悩みを解決する30分から始められるプログラム「エンジニアFit」を開発いたしました。
「エンジニアFit」の導入によって、当社では社内アンケートの結果、定期的に運動を行う社員の数も増加し、体調不良を訴えていた社員の削減につながりました。

このたびの当社での結果から、一企業の取り組みではなく、現代のうつ病や肥満という社会問題の解消につながってほしいとの思いから、の企業様向けにプログラムの提供を開始することにいたしました。

エンジニアFitのプログラム一例

「エンジニアFit」は、1ヶ月~3ヶ月の1回あたり、30分のプログラムです。
1か月目では、ストレッチを中心としたプログラムを提供。2か月目以降は、トレーニングプログラムを提供することで、ストレッチから運動までを連動したプログラムとなっています。

第一回「肩こり解消&予防簡単ストレッチ」
第二回「疲労回復!むくみ解消!下半身ストレッチ」
第三回「ストレートネック予防、改善ストレッチ」
第四回「基礎代謝UP!腰痛解消、姿勢改善ストレッチ」

エンジニアFITに関するお問い合わせ

電話番号:03-4405-5627
URL:http://fitness.trigonal.tokyo

詳細はこちら http://tritrue.com/?p=107

【プレスリリース「国内初!エンジニアの運動不足解決プログラムエンジニア向けフィットネス『エンジニアFit』技術者集団tritrueとインストラクターが共同開発」より|株式会社tritrue・2017年11月28日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました