会員限定

特集

採用学4周年記念セミナー・神谷俊氏講演vol.3


内定承諾率を50%以上高めた、採用学研究所の3つの施策

2017.12.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンダーA社の提案で「採用ブランディング」を強化した結果、エントリー数が1.5倍になったものの、内々定辞退率が40%増加してしまったX社。状況を打開するため協力を求められた「採用学研究所」は、3つの施策で内々定承諾率を50%強アップさせました。採用学研究所・研究員で、同研究所のコンサルタントを務める神谷俊氏の講演から、その具体策をご紹介します。

※この記事は採用学4周年セミナー・神谷俊氏講演「なぜ食品会社Xの内定辞退は増加したのか? 採用学の3つの観点から導かれる仮説」の続編です。

神谷俊(かみや・しゅん)

株式会社ビジネスリサーチラボコンサルタント採用学研究所研究員 株式会社エスノグラファー代表取締役の神谷俊氏株式会社ビジネスリサーチラボ コンサルタント
採用学研究所 研究員
株式会社エスノグラファー 代表取締役

経営学修士。採用学研究所にて調査・研究を推進する一方、多様な組織に在籍し、独自のキャリアを展開。株式会社エスノグラファー代表取締役、株式会社ビジネスリサーチラボ研究員、面白法人カヤック「社外」人事など兼務。幅広い領域を越境しながら地域・組織などのコンサルティングを手掛ける。

目次
  1. 内定承諾者、辞退者、選考離脱者にアンケートを実施
  2. 仮説と検証で見えてきた、学生が辞退に至るプロセス
  3. 分析結果から導き出した、内定辞退率を下げる3つの提案
  4. エントリーシートの提出は半減し、内々定承諾率は90%に
  5. 単年度で変えられない課題、成果が出たことで生まれる課題
  6. 採用は、さまざまな利害関係者の影響を受けて展開していく

内定承諾者、辞退者、選考離脱者にアンケートを実施

私たちは、X社の採用には「辞退リスクの高い母集団」「職務・企業情報の理解停滞」「入社意欲醸成の停滞」といった問題があるのではないかという仮説を立てました。これらの仮説を検証するために、X社の内定承諾者、辞退者、選考離脱者に対して、アンケート調査を行いました。アンケート内容は、下記の項目などを含めて設問設計されました。

  • 受験業界
  • エントリー数
  • 内々定保有社数
  • X社の志望順位
  • X社の各採用施策の評価
  • X社の業務内容・職場環境等に対する理解度
  • X社の辞退理由
  • X社の選考の印象
  • X社に対するキャリアイメージ
  • 就活プロセスを通しての心理変化…等

そして、調査結果ではX社の採用状況に関する、以下のような実態が抽出されました。

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました