ニュース・トレンド

「リファラルリクルーティング調査レポート」を読み解く


データで見るリファラル採用 報奨金制度だけでは成果につながらない?

2018.01.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業を中心に、採用活動に欠かせない手法として注目を集める「リファラルリクルーティング」。社員からの紹介を促すため、報奨制度を設けている企業も多い。しかし2017年11月に発表された調査は、報奨制度だけで成果を出すことの難しさを示す結果となった。

リファラルリクルーティング株式会社が実施した「リファラルリクルーティング調査レポート」の結果から、リファラル採用の現状と課題を考える。

リファラルリクルーティング調査レポート 調査概要

調査名:2017年リファラルリクルーティングに関するアンケート
調査方法:個別インタビューによる質問調査
調査期間:2017年10月1日~10月31日
調査対象:東京都内の中小・ベンチャー企業227社

目次
  1. データで見るリファラル採用の最新事情
  2. 「リファラルリクルーティング調査レポート」から分かること
  3. 報奨制度で成果が出ないとき、次の一手は?

データで見るリファラル採用の最新事情

「リファラルリクルーティング調査レポート」により明らかになった、リファラル採用の現状は以下の通り。

「リファラルリクルーティングに関するアンケート」より、データで見るリファラル採用のまとめ

「リファラルリクルーティング調査レポート」から分かること

調査レポートで明らかになったデータから、企業がリファラル採用を成功させる方法を読み解いていきたい。

「リファラル採用」聞いたことがある 26%

リファラル採用という言葉を聞いたことがありますか?

調査では「リファラル採用」という言葉を聞いたことがある企業は26%に留まった。中小・ベンチャー企業でも、「リファラル採用」という言葉が決して浸透していないことが分かる。

日本では欧米と異なり、個人的に知り合いの就職を斡旋することを、ネガティブに捉えることが多い。また新卒採用においても、ナビサイトを利用して企業にアプローチすることが常識になっており、他の手段を検討するチャンスが少ない。こうした状況が、日本に「リファラル採用」が浸透しない要因と言える。

報奨制度を導入 23.8%

社員紹介の報奨制度を導入していますか?

報奨制度(友人・知人を会社に紹介し、入社が決まったら報奨金が支払われる制度)を導入している企業は、回答社の23.8%に留まった。

平均報奨額は133,519円 企業ごとに大きな金額差

社員紹介の報奨金はいくらですか?

報奨金の平均額は133,519円で、最も高い35万円から、最も低い1万円まで、大きく差が開いた。分布を見ると、10万円〜15万円が最も多く(27.8%)、次いで20万円〜30万円(22.2%)、15万円〜20万円(13%)が続いている。

報酬制度を導入しても「採用できていない」44.4%

社員紹介の報奨制度による採用効果はありましたか?

「社員紹介の報奨制度による採用効果はありましたか?」という質問に対しては、「採用できていない」という回答が最も多く(44.4%)、3人以上採用できている企業(29.7%)を上回った。金額の大小にかかわらず、多くの企業で報奨制度の効果が現れていないことが分かる。

報奨制度で成果が出ないとき、次の一手は?

報奨制度だけで効果が出ないとき、企業はどんな対策を取ればよいのだろうか。

リファラルリクルーティング株式会社の石川哲也氏は、採用の成否を左右するのは「求職者の関心を引くような”魅力”が会社にあるか」だと述べる。そのうえで、成功企業の持つ魅力を5つに分類している。

  • 一緒に働く人の魅力
  • 他社を寄せつけないビジネスモデルの魅力
  • 「働くだけで幸せ」と感じられる社風の魅力
  • 「ゆずれない会社の想い」の魅力
  • ポストや報酬の魅力

社員の協力が結果を左右するリファラル採用では、まず社員に「知人に薦めたい」と感じてもらうことが必要だ。社員や求職者にとって魅力のある企業を作ることが、採用成功のための近道と言えるだろう。

【@人事編集部】

リファラル採用に関する記事はこちら。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました