新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

企画

「日本仕事百貨」の株式会社シゴトヒトに聞く


求職者の心を動かす求人記事の作り方

2015.10.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ターゲットに刺さる求人広告をどうしたら生み出せるのか? これは採用に携わる人たちの積年の課題の一つだといます。こうした課題を解決するカギを、「心を動かす求人記事」の先駆者、株式会社シゴトヒトにお聞きしました。

同社が運営する「日本仕事百貨」は、「生きるように働く人の仕事探し」を応援する求人サイト。特徴的なのは、職場を一つ一つ訪ねて取材をし、働いている人や仕事の「ありのまま」を掘り起こして紹介しているところです。
例えば「島の管理人」のような一風変わった求人情報と出合うことができます。「日本仕事百貨」は口コミだけで広がり、月に約100件の問い合わせが舞い込み、Facebookページは2015年8月時点で1.7万人のフォロワーを誇ります。

転職を考えていない人も、つい読みたくなり、応募したいと思うようなサイトを作るための工夫に迫ります。

求職者が一番気になるのは、「どういう人と一緒に働くのか」

読者の心をつかみ、個人と企業それぞれのファンが増えていく文章を生み出すための秘訣は何なのでしょう? 株式会社シゴトヒトの編集者・中嶋希実氏はこう語ります。

「取材や編集で心がけているのは、取材現場から浮かび上がってくるリアルをとらえること。取材項目をあえてガチガチに決めずに、お話を伺った人の雰囲気に応じて、尋ねる内容を変えています。その人が夢中になって話すトピックが出てきたら、そこを丁寧にお聴きすることで、働く人のリアルな姿を垣間見られるはず。求職者が一番気になるのは、どういう人と一緒に働くのかということ。なので、企業理念や『人』のリアルな姿を記事に盛り込むことを、編集段階では意識するようにしています」

「日本仕事百貨」の求人一覧は、「地域に根ざす」「問題解決」など、業種や職種を超越した面白いカテゴリ分けがされています。こうした工夫の背景には、「広報や営業と職種の名前を載せても、各会社の想いに沿ったマッチングにはならないので、求職者のフィーリングを重視する」という考えがあります。

現在、「日本仕事百貨」の取材、執筆、編集などを手掛けるスタッフは10名弱だといいます。元々ライター経験があるのは、そのうち2名だけ。特別な研修などもなく、過去の記事にならって書く経験を積むことで、「日本仕事百貨っぽさ」とも呼べる文章のトーンを学んでいくのだそうです。

自然と口コミでファンが広がっていく理由とは?

「日本仕事百貨」の記事で一貫してこだわっているのは、「読者目線」の方針。同社がこの方針を重視する理由は、「会社に共感している方からの応募が多く、求人者にも結果としていい採用につながるから」だといいます。「給与や勤務地、採用担当者の言葉だけではなく、働いている人の思いや人生を掘り下げた内容を届けることで、良い採用に結びつき、結果として求人者のためにもなると考えています」(中嶋氏)

実際、転職を考えていなかった人が、異分野の仕事の記事を読んで共感し、転職に至った事例も多いようです。

読者(求職者や将来的に転職を視野に入れる人)に寄り添ったメディアだからこそ、広告を打たずに、強いエンゲージメントを生み出し、口コミで広がっていくのでしょう。徹底して「読者が求める情報」にこだわるという方針は、求人広告の見せ方を考えるうえで、非常に重要なのではないでしょうか。

執筆者紹介

松尾美里(まつお・みさと) 日本インタビュアー協会認定インタビュアー/ライター。教育出版社を経て、2015年より本の要約サイトを運営する株式会社フライヤー(https://www.flierinc.com/)に参画。ライフワークとして、面白い生き方の実践者にインタビューを行い、「人や団体の可能性やビジョンを引き出すプロジェクト」を進行中。ブログは教育×キャリアインタビュー(http://edu-serendipity.seesaa.net/)。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました