企画

2018年度 長期インターンシップまとめ


大学生が気になる、ユニークな長期インターンシップ5選!

2017.12.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケジュールの前倒しと売り手市場で、インターン参加者は増加

株式会社マイナビが2017年2月に実施した、「2018年卒 マイナビ大学生 広報活動開始前の活動調査」によると、インターンシップに参加した大学生の割合は、5年連続増加の65.2%となった。平均参加社数も前年比0.2社増の2.9社に上っている。

長期インターンシップが注目される背景には、2つの理由がある。日本経団連が発表した「倫理憲章」の見直しによる新卒採用スケジュールの前倒しと、景気回復や少子高齢化などによる売り手市場の発生だ。

特に「倫理憲章」の見直しは、企業側が自社をアピールする機会を減少させ、知名度の低い企業の選考に人が集まらない状況を生み出している。そこで、優秀な学生と早い段階でコンタクトをとるため、中小企業を中心に長期インターンシップへの注目が高まっているというわけだ。

こうした状況を受け、@人事編集部では、長期インターンシップに関する調査を実施。大学生が気になった、ユニークな長期インターンシップを5つ厳選して紹介する。

1.報酬がすごい! 株式会社ワークスアプリケーションズ

disruptall

ワークスアプリケーションズのインターンシップでは、実際のビジネスで起こりうるような「答えのない課題」に取り組む作業を提供している。実際に製品を開発した際には、大手企業経営者を想定したプレゼンテーションに挑むこともできる。クリティカルワーカー(論理的思考力と発想転換力を兼ねそろえた問題解決能力が高い人材)を発掘する目的で、あえてコストのかかるインターンシップを開催している。

驚くのが参加者への報酬だ。20日間のインターンにすべて参加すると16万円が支払われるのに加え、優秀な成績を収めると報奨金が支払われる。2015年には50万円が支給された実績があるという。会社が命運をかけて、優秀な学生の掘り起こしを行っていることが分かるインターンシップだ。

参照:株式会社ワークスアプリケーションズ インターンシップ特設ページ

2.人材業界のリアルが体感できる! 株式会社レガシード

レガシード インターンシップ

レガシードのインターンシップの特徴は、「実践的であること」を徹底的に追求している点だ。「OPEN COMPANY(オープンカンパニー)」に参加し、企業の働く現場を知った上でエントリーシートと課題を提出することで、以下の3つの体感型インターンシップに参加することができる。

1.人事コンサルティング体感インターンシップ「CHANGE」
2.就活シミュレーション体感インターンシップ「GRIP」
3.ビジネスシミュレーション体感インターンシップ「LIMIT」

いずれかのインターンで高い評価を得た学生だけが、超・実践型インターンシップ「REAL」に応募することが可能だ。

「REAL」では、プロの人事コンサルタントの仕事の一部始終を、約半年間体感することができる。インターン期間は報酬が支給され、成果によっては追加報酬も支給される。「社会」という実践の場で、自分を磨くことができるのが特徴だ。人材業界やコンサルタント業界に興味がある学生にとってはもちろん、他の業界を目指す学生にとっても学びの多いインターンシップとなっている。

参照:株式会社レガシード インターンシップ公式Webサイト

3.社長室で学ぶ! 株式会社コンコードエグゼクティブグループ

concord_intership

普段の学生生活ではまず体験できない機会を提供するのが、キャリアデザインファーム・株式会社コンコードエグゼクティブグループのインターンシップだ。

同社のインターンでは、経営企画・マーケティング・広報・人事・経理など、コーポレートマネジメント業務全体を統括する社長室でのアシスタント業務を体験することができる。

コンコード インターンシップ

業務内容は、マーケティング・広報活動から新規事業立ち上げの企画、採用業務など、まさにビジネスの中核に位置するものばかりだ。敷居が高い分、本気でキャリア支援に取り組みたいと考える学生が集まる場になっているインターンシップだ。

参照:インターンシップ-コンコードエグゼクティブグループ

4.営業・PR力を身に付けるチャンス! 株式会社おかん

おかん インターンシップ

健康的で安心・安全なお惣菜をオフィスに常備できる宅配型法人向け社食サービス「オフィスおかん」を提供する株式会社おかんは、「広報・PR」に関わるインターン生を募集している。

業務内容は、メディアに対するアプローチの実施、プレスリリースの作成、企画検討などの広報・PR業務だ。インターン生を「学生」として扱わず、戦力となる「仲間」として迎え入れ、社員とともに広報の仕事に取り組んでもらうことが特徴だ。

5a093fca8fe75_80ba4cf7acb0a41511935914647fe83e

同社の主幹事業であるぷち社食サービスオフィスおかんはネットでもにわかに注目を集めはじめているため、その認知度を向上させるというミッションも、やりがいがありそうだ。実力に応じた権限や裁量を得て、経験を積むことができることも同インターンの魅力になっている。

参照:株式会社おかん インターンシップ公式Webサイト

5.Airbnbゲストを増やし、日本を元気に! ゼンズ株式会社

zenz

ゼンズ株式会社のインターンシップでは、同社の「全国にAirbnb(一般家庭を民泊として貸し出すサービス)のゲストを増やし、地元の人と交流する機会を作り、地元の人と外貨を稼ぐ取り組みをすることで、日本は変わっていく」という信念に共感するインターン生を募集している。

業務内容は、Airbnbのホストが抱える問題(煩雑とした準備・管理・英語でのコミュニケーションなど)の管理と効率化だ。これらの経験を通して、自分で問いを立て、答えを導く成長を得ることができる。国際交流や、成長中のスタートアップ企業に興味のある学生にオススメの長期インターンとなっている。

参照:株式会社ゼンズ インターンシップ公式Webサイト

単なる職場紹介では終わらない、長期インターンの魅力

ここまでご紹介した5つの長期インターンシップは、どのプログラムも報酬が用意されており、プログラムの内容もかなり実践的なものとなっている。職場見学・就業体験から一歩進んだ「他ではできないチャレンジ」の要素があることが、学生にとって魅力的に映るインターンシップの条件と言えるのではないだろうか。

※編集部より
当記事で掲載したインターンシップは、2017年12月1日現在、募集を実施しているものです。

執筆者紹介

桑山裕佳(くわやま・ゆうか) ライター。北欧における福祉・税制度などの領域に関心を持つ。津田塾大学学芸学部国際関係学科に在籍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました