ニュース・トレンド

「ムッタbot選考」担当者インタビュー


宇宙兄弟・ムッタがLINEで一次面接? 株式会社コルク「ムッタbot選考」

2017.10.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイターのエージェント事業を展開する株式会社コルクは、2017年10月11日、同社がマネジメントを行う漫画「宇宙兄弟」の主人公・ムッタを起用したエンジニア採用企画「ムッタbot選考」をスタートした。

「ムッタbot選考」は、コルクのリクルート用LINEアカウント(LINE ID: cork_recruit)を友達に追加し、漫画「宇宙兄弟」の主人公、南波六太(ムッタ)の質問に答えるだけで、同社の選考を受けることができる企画。LINEでの一次選考に合格すると、すぐに最終面接へと進むことができる。

どんな目的、経緯でこの斬新な採用企画は生まれたのか? プロジェクトの責任者であるコルクCTO・萬田大作氏に話を聞いた。

LINEでムッタが一次面接?「ムッタbot」担当者インタビュー

―「ムッタbot選考」の企画の意図を教えてください。

これまで弊社の選考には、課題が2つありました。コルクといえば「編集」「出版」のイメージが強く、そもそもコルクがエンジニアを募集しているということが知られていないのではないかという点がひとつ。もうひとつは、漫画をはじめとした「エンタメ好きなエンジニア」の応募が少ないということでした。

これまでは多くの企業と同じように、書類選考→一次面接→最終面接というプロセスを踏んでいましたが、エンタメ好きなエンジニアの方々に興味を持ってもらえるよう、エンジニア出身の宇宙飛行士である「宇宙兄弟」のムッタが、botとして一次面接を実施するという企画を考えました。

―「ムッタbot選考」での採用計画を教えてください。

エンジニアを中期的に2〜5人採用したいと考えていて、今回の「ムッタbot採用」で、採用計画で予定していたエンジニア全員を採用してもよいと思っています。これまでエンジニアにきちんとリーチできてこなかったので、従来の採用選考プロセスと並行して、bot採用を進めていくつもりです。

―「ムッタbot」の質問例と、その狙いを教えてください。

エンジニアとしてきちんとした設計思想があるかを見極めたいと考えています。例えば「クラスとインスタンスの違い」や「インターフェイスとAbstractクラスの違い」は、そうした意図をもとに質問しています。

muttabot左図:「エンジニア応募」を選択することで、選考に参加できる。右図:実際に面接を行っている様子。

―最後に「ムッタbot選考」への応募を悩んでいる方へ一言お願いします。

漫画や小説といった読書体験が好きなエンジニア、エンタメの世界をITの力で変えたいエンジニアにぜひ応募いただきたいです! 何卒、よろしくお願いいたします。

企業プロフィール

商号:株式会社コルク
所在地:東京都渋谷区神宮前6-23-3第9SYビル 3階
事業内容:クリエイターのエージェント業
設立:2012年 10月 1日
企業サイトURL:http://corkagency.com/
採用サイトURL:https://recruit.corkagency.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました