【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社

ニュース・トレンド

スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」が始動


専門家に聞く「スニーカー通勤」導入のポイント

2017.10.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ庁は2017年10月2日、「FUN+WALK PROJECT」を始動すると発表した。ビジネスマンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る、官民連携のプロジェクトだ。スポーツ庁では今後、Webサイトやイベントを通じて、社会全体の機運を盛り上げていくとしている。

プロジェクトのキーアクションとして推奨されているのが「スニーカー通勤」だ。この取り組みを表面的なものにせず、従業員の健康増進に役立てるには、企業はどんなことに注意すればよいだろうか。専門家のアドバイスを紹介する。

目次
  1. “歩く”をもっと“楽しく”『FUN+WALK PROJECT』がスタート
  2. 「スニーカー通勤」を健康増進に役立てる2つのポイント

“歩く”をもっと“楽しく”『FUN+WALK PROJECT』がスタート

「FUN+WALK PROJECT」は、「歩く」に「楽しい」を組み合わせることで、自然と「歩く」習慣を身に付けようというプロジェクト。スポーツ庁は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた国民全体の取り組みとして、スポーツ参画人口の拡大を進めていくという。1日の歩数を普段よりプラス1,000歩(約10分)とし、1日当たりの歩数を8,000歩に増やすことが目標だ。

今後は2018年2月下旬にキックオフイベントを開催し、専用アプリのダウンロードを開始。3月上旬には本格的にプロジェクトをスタートし、アプリを通じたキャンペーンを展開していくとしている。

FUN-WALK-PROJECT3FUN+WALK PROJECT 公式Webサイトには、プロジェクトの要旨となるメッセージが掲載されている。

「スニーカー通勤」を健康増進に役立てる2つのポイント

歩くことによる健康面のメリットは多い。一般社団法人「足と靴と健康協議会」では、歩くことで得られる効果として以下の点を挙げている。

では企業が「スニーカー通勤」を導入し、健康増進に役立つ取り組みにしていくために、どんなことを心がければよいだろうか。

「足と靴と健康協議会」の木村克敏氏によれば、スニーカー通勤には「長時間歩いても疲れにくい、走ることができる、未舗装や荒れた路面でも歩ける」という3つのメリットがあるという。そのうえで、これらのメリットを得るためのコツとして、2つのポイントを挙げている。

1つ目のポイントは「歩き方」。漫然と歩くのではなく、緩急をつけて歩くことが効果的だという。一例としては、5分間は早歩きをしたら、その後の10分間は少しゆっくり歩く。このように緩急をつけることで、筋肉に負荷をかけて鍛える効果が得られるという。また、年齢によって異なるものの、最大心拍数の70%ほどで、息の上がらない程度に歩くことも大切だ。

2つ目のポイントは「靴選び」。スニーカーの場合も一般的な靴選びと同じく、足のサイズに合った靴を選び、正しく履く(紐靴ならばしっかり紐を結ぶなど)ことが重要だ。スニーカー通勤を推奨するには、企業とシューフィッターの連携も必要になるだろう。

2005年から環境省が展開した「クール・ビズ」キャンペーンの結果、日本のビジネスマンが夏場にノーネクタイで働くことは一般的になった。「スニーカー通勤」を定着させるには、企業が専門家と連携し、多角的なサポートを行っていくことがカギになりそうだ(@人事編集部)。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました